2021年オフのエンゼルスのFA、トレード、戦力外まとめ

ストーブリーグスポーツ

日本時間2021年12月2日にMLBと選手間の労使協定が失効となりました。

新たな労使協定が結ばれるまでは契約交渉ができないため、しばらくFA等の動きがなくなります。(=ロックアウト)

ここまでのエンゼルスの選手のFA、トレード、戦力外などの契約状況をまとめました。

※年齢は2022年4月1日時点。ポジションはMLB公式サイト記載のもの。

※単年の年俸は総額÷契約年数で計算(AAV)。実際には契約年ごとに年俸が違う場合がありますが、ぜいたく税の計算はAAVで行われます。1ドル113円で計算。

新戦力

ベラスケス(27歳、ショート)

  • 前球団:ヤンキース(戦力外)
  • 年俸:調停権がないため最低保証年俸58.5万ドル(6600万円)ほどか
  • ショートを中心に内外野を守れるユーティリティプレーヤー。打撃に課題

>> エンゼルスのベラスケスは守備・走塁型のユーティリティプレーヤー

 

シンダーガード(29歳、投手)

  • 前球団:メッツ(FA)
  • 年俸:1年2100万ドル(23億円)
  • 先発で実績のある豪速球右腕。ケガ明けでここ2年は実績ほぼなし

>> シンダーガードはエンゼルスにとって高い買い物か

 

ウェイド(27歳、ショート)

  • 前球団:ヤンキース(戦力外)
  • 年俸:70万ドル(7900万円)
  • ショートを中心に内外野を守れるユーティリティプレーヤー。打撃が課題だがベラスケスよりはやや上か

>> エンゼルスのウェイドは俊足のユーティリティプレーヤー

 

ループ(34歳、投手)

  • 前球団:メッツ(FA)
  • 年俸:2年1700万ドル(19億円)。単年:850万ドル(9.6億円)
  • リリーフで実績のあるベテラン左腕。2021年にキャリアハイの成績

>> エンゼルスのループはナ・リーグNo.1の中継ぎ変則左腕

 

ローレンゼン(30歳、投手)

  • 前球団:レッズ(FA)
  • 年俸:1年675万ドル(7.6億円)
  • リリーフとして数年間実績を残してきた右腕。エンゼルスでは先発への転向および二刀流に挑戦予定

>> エンゼルスのマイケル・ローレンゼンの成績。投手と外野の二刀流

 

デービス(24歳、サード)

  • エンゼルス傘下3Aソルトレイクからメジャー契約
  • 年俸:調停権がないため最低保証年俸58.5万ドル(6600万円)ほどか
  • 2021年に1A+、2A、3Aと駆け上がってきた選手。2021年マイナー通算打率.290、本塁打30本、OPS.923、盗塁16(盗塁死4)。サード、ショート、セカンド、レフトで出場

>> エンゼルスのブレンドン・デービスの経歴と選手の特徴。2021年にマイナーでブレーク

エンゼルスをFAとなった選手の動向

イグレシアス(32歳、投手)

  • エンゼルス残留
  • 年俸:4年5800万ドル(65億円)。単年:1450万ドル(16億円)
  • 2021年セーブ数リーグ2位の抑え。サイヤング賞投票11位

 

コブ(34歳、投手)

  • ジャイアンツへ
  • 年俸:2年2000万ドル(22億円)

 

バンディ(29歳、投手)

  • ツインズへ
  • 年俸:1年500万ドル(5.6億円)

 

所属先未定のFA選手

  • ラガレス(33歳、外野手)
  • シーシェク(35歳、投手)
  • スズキ(38歳、捕手)
  • ファウラー(36歳、外野手)
  • ラモス(35歳、投手)

戦力外

ノンテンダー等の戦力外に関する用語はWikipediaをご覧ください。

  • ゴセリン(33歳、サード)→ノンテンダーFA
  • ゲラ(37歳、投手)→リリース
  • ウォン(26歳、セカンド)→リリース
  • セルマン(31歳、投手)→DFA
  • ヤン(22歳、投手)→マイナー降格
  • ホイト(35歳、投手)→マイナーFA
  • バレト(26歳、セカンド)→マイナーFA
  • バード(31歳、投手)→マイナーFA

その他

ロドリゲス(23歳、投手)

  • 肩の手術により、2022年シーズンの大半を欠場する見込み

 

>> 2021年エンゼルスのポジション別WAR。補強ポイントはどこ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました