※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

2021年シルバースラッガー賞を受賞した選手の成績【メジャー】

バット スポーツ

大谷翔平がシルバースラッガー賞を受賞しました。

シルバースラッガー賞は各ポジションで最も優れた打者におくられる賞で、日本のプロ野球のベストナインのような位置づけです。

2021年にシルバースラッガー賞を受賞した選手の成績をまとめました。

※各ポジションともア・リーグ、ナ・リーグの順に選手を紹介します。

キャッチャー

ペレス(ロイヤルズ、4回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.273 48 121 .316 .544 .859 127
  • ロイヤルズ史上最多となる4度目の受賞
  • 161試合に出場し、キャッチャーとしては120試合に出場
  • 本塁打、打点は今季MLB最多で、48本塁打はキャッチャーの歴代最多本塁打記録

ポージー(ジャイアンツ、5回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.304 18 56 .390 .499 .889 140
  • 捕手として歴代5番目、ジャイアンツ史上2番目に多い5度目の受賞
  • 今シーズン限りで引退

ファースト

ゲレーロJr.(ブルージェイズ、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.311 48 111 .401 .601 1.002 166
  • ファーストで史上最年少、ブルージェイズで史上最年少での受賞
  • 本塁打、得点、塁打は今季メジャー最多。出塁率、長打率はア・リーグ1位

フリーマン(ブレーブス、3回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.300 31 83 .393 .503 .896 135
  • 3年連続での受賞
  • 今シーズン世界一となったブレーブスの主軸で、ポストシーズンも打率.304、OPS1.045、5本塁打の活躍

セカンド

セミエン(ブルージェイズ、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.265 45 102 .334 .538 .873 131
  • 今季ショートからセカンドにコンバート
  • 全162試合に出場
  • 45本塁打はセカンド歴代最多本塁打

アルビーズ(ブレーブス、2回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.259 30 106 .310 .488 .799 107
  • 24歳で2度目の受賞
  • セカンドとして史上4人目となる30本100打点20盗塁を達成

サード

デバース(レッドソックス、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.279 38 113 .352 .538 .890 134
  • ポストシーズンでは5本塁打(1位)、12打点(2位)を記録

ライリー(ブレーブス、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.303 33 107 .367 .531 .898 135
  • 打率.300、30本、100打点を達成。今季この記録を達成したのはライリー、ゲレーロJr.、カステラノスの3人のみ

ショート

ボガーツ(レッドソックス、4回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.295 23 79 .370 .493 .863 130
  • ショートで歴代5番目に多い4度目の受賞

タティスJr.(パドレス、2回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.282 42 97 .364 .611 .975 156
  • 23歳で2度目の受賞。23歳で複数回の受賞は歴代5人目
  • ナ・リーグ本塁打王

外野

ヘルナンデス(ブルージェイズ、2回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.296 32 116 .346 .524 .870 132
  • 2年連続での受賞

ジャッジ(ヤンキース、2回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.287 39 98 .373 .544 .916 148
  • 新人王、本塁打王を獲得した2017年以来の受賞
  • 2018~2020年の期間は合計142試合に欠場したが、今季は2017年の155試合に次ぐ148試合の出場

マリンズ(オリオールズ、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.291 30 59 .360 .518 .878 136
  • オリオールズでは5年ぶりの受賞
  • 今季唯一30本30盗塁を達成

ソト(ナショナルズ、2回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.313 29 95 .465 .534 .999 163
  • 23歳で2年連続の受賞。23歳で複数回の受賞は歴代5人目
  • 出塁率.465、145四球はメジャー1位。BB/K(四球/三振)1.56は断トツ(2位グリエルが0.87)
  • 後半戦は打率.348、18本、OPS1.164の活躍

ハーパー(フィリーズ、2回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.309 35 84 .429 .615 1.044 170
  • 長打率、OPSメジャー1位
  • 今シーズン打率.300、35本塁打、出塁率.400、長打率.600を記録したのはハーパーとゲレーロJr.のみ
  • 後半戦は打率.338、20本、長打率.713、OPS1.188の活躍

カステラノス(レッズ、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.309 34 100 .362 .576 .939 140
  • ケガで134試合の出場にとどまる
  • ケガ前の前半戦は打率.331でリーグ1位

DH

DH部門はア・リーグのみです。

大谷翔平(エンゼルス、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.257 46 100 .372 .592 .965 152
  • 日本人としては2001年、2007年、2009年に受賞したイチローに続いて2人目の受賞

大谷の活躍については以下の記事をご覧ください。

>> 2021年シーズンで大谷翔平が達成した記録まとめ。打者・投手・二刀流

投手

投手部門はナ・リーグのみです。

フリード(ブレーブス、1回目)

打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS wRC+
.273 0 5 .322 .327 .649 76
  • ナ・リーグの投手で最多となる15安打
  • 代打でサヨナラヒットを記録

 

以上です。

チーム別で見ると、世界一となったブレーブスから4人、得点数メジャー3位のブルージェイズからは3人が選ばれました。

一方で、得点数メジャー1位でア・リーグ優勝を果たしたアストロズや、得点数メジャー2位でア・リーグ最高勝率のレイズ、得点数ナ・リーグ1位のドジャースからの選出はありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました