2022年の大谷翔平のメジャー成績ランキング(リーグ順位)

2022年大谷成績ランキングスポーツ

本記事では、2022年の大谷の打撃、走塁、投手成績のリーグ順位と、リーグ1位の記録をまとめています。

リーグ1位が複数いる場合は代表して1人の選手を記載しています。

 

※2022年8月11日更新。

更新は20時すぎの予定です。

試合中の最新の大谷の成績については以下の記事をご覧ください。

>>【最新】2022年の大谷翔平の打者成績

>>【最新】2022年の大谷翔平の投手成績

大谷の打撃ランキング

打率などの「率」系のデータは規定打席到達者、本塁打などの積み上げ系のデータは全選手を対象としています。

大谷順位1位選手
打率.25639位.333アラエス
本塁打255位45ジャッジ
打点667位99ジャッジ
打席4658位491セミエン
安打10320位125アブレイユ
二塁打1754位36ラミレス
三塁打38位6ロザリオ
得点628位94ジャッジ
四球559位64ウィンカー
敬遠111位11大谷
四球率11.8%11位15.3%ウィンカー
三振10810位152スアレス
三振率23.2%21位32.1%スアレス
出塁率.34821位.401アルバレス
長打率.4999位.681ジャッジ
OPS.84711位1.078ジャッジ
ISO.2437位.377ジャッジ
wRC+13516位199ジャッジ
xBA.27321位.329アルバレス
xSLG.5593位.709ジャッジ
xwOBA.3883位.466アルバレス
WAR2.333位7.4ジャッジ
WPA1.230位5.0ジャッジ
平均打球速度92.78位95.9アルバレス
最高打球速度119.12位119.8スタントン
ハードヒット率48.0%12位62.3%アルバレス
バレル率16.8%4位26.2%ジャッジ

<用語>

  • OPS:出塁率+長打率。得点との相関が高い。
  • ISO:長打率ー打率。純粋な長打力の指標。
  • wRC+:球場差を補正した打席あたりの得点創出力。100が平均で、例えば110なら得点創出力がリーグ平均より10%高いという意味。
  • xBA:スタットキャストの計測による打球速度と打球角度から予想される打率。
  • xSLG:スタットキャストの計測による打球速度と打球角度から予想される長打率。
  • xwOBA:スタットキャストの計測による打球速度と打球角度から予想されるwOBA。wOBAはOPS以上に得点との相関が高くなるように調整された、得点創出力を示す出塁率風の指標。wRC+と兄弟関係。
  • WAR:走攻守の選手の総合的な貢献度を表す指標。本記事ではFangraphsのものを使用。
  • WPA:チームの勝利の期待値への貢献度を表す指標。勝敗に影響する大事な場面での活躍度。
  • 打球速度:単位は時速マイル(MPH)。
  • ハードヒット率:打球速度95マイル(153キロ)以上で強打した打球の割合。
  • バレル率:打球速度98マイル以上の打球で、打球角度が約20°~40°の長打になりやすい打球の割合。

大谷の走塁ランキング

盗塁、盗塁死は全選手、wSB、UBR、wGDP、BsRは規定打席到達者を対象としています。

スプリント・スピードと1塁到達時間は、スタットキャストの基準で10回以上測定された選手を対象とし、この2項目だけはナ・リーグも含めたほぼ全選手が対象です。

大谷順位1位選手
盗塁1118位26マテオ
盗塁死72位10アロサレーナ
wSB-1.064位2.5マテオ
UBR0.143位3.9セミエン
wGDP1.34位1.9ラミレス
BsR0.437位6.5セミエン
スプリント スピード28.2127位30.5ウィットJr.
1塁到達時間4.091位4.09大谷

<用語>

  • wSB:盗塁・盗塁死で何得点貢献したか。0が平均。
  • UBR:盗塁以外の走塁で何得点貢献したか。0が平均。
  • wGDP:併殺阻止で何得点貢献したか。0が平均
  • BsR:wSB +UBR+wGDP。総合的な走塁での得点貢献度。
  • スプリント・スピード:最速で1秒あたりに何フィート進むかの平均値。
  • 1塁到達時間:弱い当たりでの打席から1塁までの到達時間(秒)。

大谷の投手ランキング

勝利数などの積み上げ系のデータは全選手を対象としています。

防御率などの「率」系のデータは、本来は規定投球回到達者のみを対象とすべきですが、6人ローテで100球めどで回すエンゼルスでは規定投球回に達するのは難しく、大谷の順位がつけられません。

本記事での「率」系の順位は「大谷の投球イニング以上投げた選手」を対象としており、都合の良い順位になっています。

公式記録とは違うので注意してください。1位になっている選手でも、大谷の投球回以上、規定投球回以下の選手が含まれる可能性もあります。

大谷順位1位選手
先発登板数1935位23コール
投球回111.029位138.1コール
勝利106位15バーランダー
敗戦718位12ケラー
防御率2.686位1.85バーランダー
奪三振1574位178コール
奪三振率12.731位12.73大谷
与四球率2.1912位1.30クルーバー
K/BB5.814位7.00マクラナハン
被打率.2137位.183マクラナハン
被本塁打率0.9710位0.46ガウスマン
WHIP1.058位0.83マクラナハン
FIP2.452位1.99ガウスマン
xFIP2.392位2.24マクラナハン
xERA2.663位2.42マクラナハン
WAR3.63位4.4ガウスマン
WPA1.915位3.2クラセ
援護率4.8612位7.24ウルキディ
速球平均球速97.32位97.9コール
被ハードヒット率36.0%11位29.5%マノア
被バレル率6.9%11位4.0%ペレス

<用語>

  • WHIP:1イニングあたりに何人ランナーを出したか。
  • FIP:守備から独立した防御率。三振、四球、本塁打から算出。
  • xFIP:FIPにフライを加味したもの。フライは一定の割合で本塁打になるので、より正確に投手の能力を測ろうとするもの。
  • xERA:スタットキャストの計測による打球速度と打球角度から予想される防御率。
  • WAR:選手の総合的な貢献度を表す指標。本記事ではFangraphsのものを使用。
  • WPA:チームの勝利の期待値への貢献度を表す指標。勝敗に影響する大事な場面での活躍度。
  • 援護率:9イニングあたりに味方が援護してくれた得点。
  • 速球平均球速:単位は時速マイル(MPH)。
  • 被ハードヒット率:打球速度95マイル(153キロ)以上で強打された打球の割合。
  • 被バレル率:打球速度98マイル以上の打球で、打球角度が約20°~40°の長打になりやすい打球を打たれた割合。

 

>> 2022年MLBのWARランキング。fWAR、rWAR、野手、投手、日本人選手

>> 2022年エンゼルスの選手の個人成績(野手、投手)とチーム打率、チーム防御率など

コメント

タイトルとURLをコピーしました