エンゼルスのマット・ダフィーは守備が上手いベテラン内野手

マット・ダフィースポーツ

※最新のダフィーの成績はこちらから。
>>【WAR】2022年エンゼルスの選手の個人成績(野手、投手)とチーム打率、チーム防御率など

エンゼルスはカブスからFAとなっていたマット・ダフィーの獲得を発表しました。

マット・ダフィー

ダフィーは2014年にジャイアンツでデビューし、その年にチャンピオンリングを獲得した31歳のベテラン内野手です。(2022年3月時点)

ダフィーは守備に定評がある選手です。打撃もそこそこですが、ややムラがあり、2019年以降はあまり出場機会に恵まれていませんでした。

それでも2021年はカブスで97試合に出場し、総合的な貢献度を示す指標WARも1.6とスタメンでやれる成績を残しています。

サードがメインですが、セカンドやショートでの出場機会もあり、このクラスの選手を1年150万ドル(1.8億円)で獲得できたのは良い補強だったと思います。

打撃。長打力は低いがメジャー平均ぐらいの成績は残せる

試合本塁打打点打率出塁率長打率OPSwRC+
20143408.267.302.300.60275
20151491277.295.334.428.762113
201691528.258.310.357.66882
2018132444.294.361.366.727107
201946112.252.343.327.67090
202197530.287.357.381.738102
試合本塁打打点打率出塁率長打率OPSwRC+
通算54927199.283.341.380.738101

キャリアハイは2015年で打率.295、12本、OPS.762を記録し、この年の新人王投票で2位に入りました。

ダフィーは長打力はありませんが、打率はそれなりに残せるタイプです。

メジャー通算で四球率は6.9%、三振率は16.6%とどちらも平均より低いです。

打撃の総合指標であるwRC+はメジャー通算で101なので、ちょうどメジャー平均ぐらいの打撃力ということになります。

年によってややムラがあるのが気になりますが、2021年も平均ぐらいの数字は残しています。

ダフィーは長打力に期待ができないので華はないかもしれませんが、打撃に不安があるというようなタイプではありません。

走力。足は遅い

ダフィーは足が遅いです。

2021年のスプリントスピードは26.4フィート/秒で、メジャー557人の中で398番目です。

エンゼルスの捕手のスタッシと同じぐらいの速さです。

俊足が多いエンゼルスではかなり遅いほうになります。

<参考・エンゼルスのスプリントスピード上位選手>

  • アデル 29.9
  • トラウト 29.3
  • ベラスケス 29.3
  • ウェイド 29.1
  • マーシュ 29.1
  • 大谷 28.8

ただし、2021年は97試合で盗塁を8個決めています(盗塁死1)。

メジャー通算での盗塁成功率も74%なので悪くはないです。(通算40盗塁、14盗塁死)

守備。サードがメインだがセカンド、ショートも守れる

ダフィーは守備が上手い選手です。

メインのサードの守備指標UZRでは高いスコアを残しています。

<サードでのUZR>

イニングDPRRngRErrRUZR
20151150.11.04.22.37.5
2016593-0.53.52.85.7
20181063-0.34.9-1.03.6
20193690.1-2.1-3.0-5.1
2021416-0.21.71.73.1

※スコアは0が平均で、DPR=ダブルプレーの評価、RngR=守備範囲の評価、ErrR=エラーの評価、UZR=総合評価

ダフィーはほぼサードで出場していますが、2021年はセカンドで21試合出場、また2016年のレイズではショートをメインポジションとして18試合に出場しています。

2022年のエンゼルスはショートが決まっておらず、ダフィーはサード以外での出場の可能性もありそうです。

<サード>

https://twitter.com/WatchMarquee/status/1442201767614156800

 

<セカンド>

https://twitter.com/BaseballBros/status/1432913714429276161

総合評価。レギュラー候補か

走攻守を含めた選手の総合評価としてWARという指標があります。(Wikipedia

ダフィーの成績にはややムラがありますが、2015年、2018年はスタメン選手として文句ない数字ですし、出場試合数が少なめの2016年、2021年もレギュラーとしても見れる数字です。

試合数WAR
201434-0.2
20151493.9
2016911.1
20181322.9
2019460.1
2021971.6

エンゼルスのサードにはレンドンがいますが、ダフィーのようなレベルの選手が控えにいるのならば、ワールドシリーズ制覇を目指す強豪チームというような感じがします。

もっとも、レンドンが股関節の故障から完全復活できるのかは不透明ですし、エンゼルスはショートも決まっていません。

補強したウェイドベラスケスよりもダフィーの方が格上なので、どのポジションになるかはわかりませんが、ダフィーはレギュラー候補なのだと思います。

投手ばかりがやり玉にあげられるエンゼルスですが、私はエンゼルスの控え野手がマイナーレベルだったことが弱い原因だと思っています。

ダフィーを含めて地味ですがメジャーレベルでレギュラーを争える選手を淡々と獲得しており、いい補強になっているのではないかと思います。

>> 2021年エンゼルスのポジション別WAR。補強ポイントはどこ?

>> 2021年オフのエンゼルスのFA、トレード、戦力外まとめ

>>【WAR】2022年エンゼルスの選手の個人成績(野手、投手)とチーム打率、チーム防御率など

コメント

タイトルとURLをコピーしました