エンゼルスのタッカー・デービッドソンの経歴と選手の特徴

タッカー・デービッドソンスポーツ

エンゼルスのタッカー・デービッドソンは、2022年8月2日にイグレシアスとのトレードでブレーブスから移籍してきた26歳のサウスポーです。

デービッドソンは2020年にブレーブスでメジャーデビューし、2021年にはワールドシリーズで先発登板もしましたが、メジャーに定着するまでには至っていません。

2022年8月5日時点でエンゼルスのプロスペクトランキング(若手有望ランキング)で11位に入っており、8月7日の試合でエンゼルスで初先発する予定となっています。

デービッドソンの経歴と特徴を紹介します。

タッカー・デービッドソン

デービッドソンの経歴。マイナー、メジャーでの成績

生年月日1996/3/25
身長188cm
体重97kg
投手左投左打
ドラフト2016年
19巡目(全体559位)

大学時代の成績(2016年)

登板防御率WHIPK9BB9
1271.1622.271.159.52.5

※K9 = 奪三振率、BB9 = 与四球率

デービッドソンは短大のミッドランド大学2年生のときの2016年に、71.1イニングを投げて防御率2.27と好成績を収めました。

ノースカロライナ州立大学に進む予定でしたが、2016年のドラフトでブレーブスから19巡目指名を受け、12.5万ドル(1630万円)で契約しました。

マイナー、メジャーでの成績

2022年の成績は8月6日時点。

マイナーでの成績

レベル登板防御率WHIPK9BB9
2016ルーキー1129.21.521.219.71.2
2017A31103.22.601.228.82.6
2018A+24118.14.181.507.54.4
20192A21110.22.031.209.93.7
20193A4192.841.535.74.3
20213A4231.170.7011.02.0
20223A1580.14.591.3210.82.7

※K9 = 奪三振率、BB9 = 与四球率

メジャーでの成績

登板防御率WHIPK9BB9
202011.20110.804.2010.821.6
2021420003.601.158.13.6
2022415.1126.461.835.97.6

※K9 = 奪三振率、BB9 = 与四球率

19巡目指名で期待が高くなかったデービッドソンですが、プロ入り直後から好投を続け、ブレーブスのプロスペクトランキングでは2018年23位、2019年22位、2020年8位、2021年4位と、期待の高い選手へと成長していきました。

2020年シーズン終盤にメジャーデビューすると、2021年はケガもありながらもワールドシリーズ第5戦で先発登板するまでになっています。

2022年は5月に一時的に先発ローテーションに入りましたが、その後はマイナーに降格し、8月からエンゼルスでプレーしています。

デービッドソンの選手としての特徴

デービッドソンは最速97マイル(156キロ)のストレートを持ち、試合を通して球速を維持することができます。

メジャーでは与四球率が高いですがコントロールは徐々に良くなってきており、2022年のマイナーでの与四球率は低いです。

その一方で、コマンド(狙ったところに投げる能力)は改善が必要とされています。

また、データは少ないですがメジャーでは左打者に強いです。

<メジャー通算での左右別成績(8月6日時点)>

  • 対左:被打率 .133、奪三振率11.0
  • 対右:被打率 .261、奪三振率6.1

球種

デービッドソンの球種2022

<平均球速>

マイルキロ
ストレート93.9151.1
スライダー87.5140.8
カーブ79.8128.4
シンカー93.9151.1
チェンジアップ85.6137.7

評価されてきたのはストレートですが、結果が出ているのはスライダーです。

ストレートとスライダーで球種の8割ほどを占めます。

ストレートは平均球速が94マイル(151キロ)で、前述したように試合を通して球速が安定しています。

ただ、ストレートの回転数は2032rpmとメジャー下位10%ほどの低さで、被打率が高いです。

一方、スライダーは空振りを取ることができ、被打率も低いです。

カーブもスライダー同様で悪くありません。

<スライダー>

総合評価(スカウティング・グレード)

2022年のMLBのスカウティング・グレードによる評価。

速球カーブスライダーチェンジアップコントロール総合
555050505045

スコアは20~80。50が平均で、60が平均以上。

総合が65以上だと、将来的にオールスター級の傑出した選手になりうるとされている。

 

イグレシアスとのトレードでチャベスとともに加入したデービッドソンですが、4年契約だったイグレシアスの残りの契約の負担分もブレーブスが引き継ぐ形でのトレードでした。

そのため単純に選手間を比較したときに、デービッドソンがイグレシアスとのトレードにふさわしい有望なプロスペクトだったとは言えません。

それでも既にメジャーで先発を複数回経験するレベルまで来ているプロスペクトです。

エンゼルスは大谷、サンドバル、そして2022年に成長をみせたデトマーズあたりまでは先発ローテーションとして計算できそうですが、まだ不足しています。

2023年に向けてのローテーション候補の1人としてデービッドソンにはメジャーで結果を出すことが求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました