カートスズキは守備が下手。足が遅くて打撃も悪い。現地ファン「大谷と組ませるな」

キャッチャースポーツ

カート・スズキはハワイ出身の日系3世で、2007年のメジャーデビューから長年メジャーで活躍しているキャッチャーです。

2021年シーズンはエンゼルスでプレーし、おもに大谷が登板する試合でキャッチャーをつとめています。

そんなカート・スズキに対し、現地ファンが怒っています。

(日本語訳)
カート・スズキのOPS+は66。彼は出塁しない。長打も打てない。Statcastのフレーミングでは、61人中59位の捕手だ。DRSではリーグ最低の-6を記録している5人の捕手の1人だ。走力も473人中437位。なぜ大谷を0ツールプレイヤーと組ませるのか?

(日本語訳)
今日がカート・スズキが翔平の球を捕る最後の日にすべきだ。

※以下、成績は2021年7月1日時点のものです。

カート・スズキの打撃力

カート・スズキはかつては「打てる捕手」として活躍していましたが、2021年シーズンは7月1日時点で、

  • 打率.216
  • 出塁率.298
  • 長打率.301
  • OPS.599

2021年が打低のシーズンとはいえ、ひどい成績です。

冒頭のツイートで見た「OPS+」とは、リーグやシーズンが違っても比較できるように調整された打撃指標です。

平均は100で、OPS+が150の選手は平均より50%高い得点力を持つと評価されます。

2021年のカート・スズキのOPS+は64です。

ちなみに、同じくエンゼルスの捕手のスタッシのOPS+は127、大谷のOPS+は174です。

カート・スズキの走力

MLBであらゆるデータを記録しているSTATCASTでは、走力の指標として「スプリント・スピード」が公開されています。

スプリント・スピードでは1秒当たり何フィート(ft)進んだかを評価しますが、メジャーでの目安は以下のようになっています。

  • 23ft/秒…最下位クラス
  • 27ft/秒…平均
  • 30ft/秒…最上位クラス

カート・スズキのスプリント・スピードは24.9ft/秒で、475人中442位です。

ちなみに、同じくエンゼルスの捕手のスタッシは26.1ft/秒(365位)、大谷は28.9ft/秒(39位)です。

カート・スズキの守備力

打撃・走力もひどいのですが、ファンが一番怒っているのはカート・スズキの守備です。

カート・スズキのDRS

DRS」とは同ポジションの選手と比較して、何点防いだかを示す守備指標です。

DRSは0が平均で、例えばDRSが5ならば他の選手よりも5点多く防いでいることになり、守備が上手いという評価になります。

7月1日時点で100イニング以上出場している捕手66人のなかで、カート・スズキのDRSは-7で最下位です。

ちなみに、同じくエンゼルスの捕手のスタッシのDRSは0で36位です。

カート・スズキのフレーミング

フレーミングとはキャッチャーが投球を捕球するときに、キャッチャーミットをずらすなどして、審判にストライクと判定されやすくするための技術です。

STATCASTではストライクゾーンギリギリに投球されたボールが、ストライクとなったかボールとなったか集計されています。

カート・スズキのストライク率は42.5%で、61人中59位です。

ちなみに、同じくエンゼルスの捕手のスタッシのストライク率は50%で12位です。

また、フレーミングによりボール球がストライクと判定されたことで、いくつ失点を防いだかを示す「Runs Extra Strikes」では、カート・スズキは-5で61人中59位です。

ちなみに、同じくエンゼルスの捕手のスタッシのRuns Extra Strikesは1で17位です。

現地エンゼルスファンは、たびたびカート・スズキのフレーミングを批判しています。

(日本語訳)
カート・スズキは球界最悪のフレーマーである可能性が非常に高い。

(日本語訳)
カート・スズキが腹立たしいのは、彼がフレーミングができないことではなく、やろうともしないことだ。そして、スタッシのほうが全てにおいて優れているのに、なぜか大谷と毎試合組む。

たかがフレーミングと言っても、1球がストライクとなるか、ボールとなるかの影響は意外と大きいです。

2019年は1ボール0ストライクのカウントでは打者OPSが.858、0ボール1ストライクのカウントでは打者OPSは.631でした。

特に大谷はコントロールがいいほうではないので、カート・スズキよりもフレーミングの上手なスタッシと組ませてあげたいですね。

カートスズキスタッシ
打率.216.284
出塁率.298.364
長打率.301.485
OPS.599.849
OPS+64127
スプリント・スピード24.9 ft/秒26.1 ft/秒
DRS-70
フレーミング・ストライク率42.5%50%
Runs Extra Strikes-51

※成績は2021年7月1日時点のもの。

>>【2021】エンゼルスは守備が下手。各選手の守備力を指標UZRから検証

※7月7日の試合で大谷は久しぶりにスタッシと組みましたが、大谷のストライク率が2021年の13先発の中で最高の73%でした。

>> ストライク率の推移など2021年の大谷の投手成績

スポーツ
のびたのセミリタイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました