※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

2023年の大谷翔平と2022年のアーロン・ジャッジの本塁打ペースを比較

スポーツ

2022年にヤンキースのアーロン・ジャッジがア・リーグの本塁打記録を更新する62本のホームランを打ちました。

2023年の大谷翔平は、2022年のジャッジに近いペースでホームランを量産しています。

大谷のシーズン最多本塁打記録更新なるか、2023年の大谷と2022年のジャッジのホームランのペースを比較しました。

※2023年9月17日更新。大谷は今シーズンを終了しました。

2023年の大谷と2022年のジャッジの本塁打の推移

日付で比較するほうがわかりやすいかもしれませんが、試合日程はそれぞれ違うので、日付ではなくチームの試合数での比較となります。(メジャーリーグは年間162試合)

大谷の出場はチーム137試合目が最後でした。

大谷2023vsジャッジ2022ホームラン比較

 

表はスクロールできます。

チーム
試合数
大谷
2023年
ジャッジ
2022年
1 0 0
2 0 0
3 1 0
4 2 0
5 2 0
6 2 1
7 2 1
8 2 1
9 3 1
10 3 1
11 3 1
12 3 1
13 3 1
14 3 3
15 3 3
16 3 3
17 4 4
18 4 4
19 4 5
20 4 6
21 4 6
22 5 8
23 5 8
24 5 9
25 6 9
26 6 9
27 6 9
28 6 9
29 7 10
30 7 10
31 7 11
32 7 12
33 7 12
34 7 12
35 7 12
36 7 14
37 7 14
38 8 14
39 8 14
40 8 15
41 8 15
42 9 17
43 9 17
44 9 17
45 10 17
46 10 17
47 11 17
48 11 18
49 11 18
50 11 19
51 12 19
52 12 20
53 12 21
54 12 21
55 12 22
56 13 22
57 15 22
58 15 22
59 15 24
60 15 24
61 15 24
62 16 25
63 16 25
64 16 25
65 17 25
66 18 25
67 18 25
68 20 25
69 20 27
70 21 27
71 22 27
72 22 27
73 23 28
74 24 28
75 24 28
76 24 29
77 25 29
78 25 29
79 25 29
80 26 29
81 28 29
82 28 30
83 29 30
84 30 30
85 30 30
86 31 30
87 31 30
88 31 30
89 31 31
90 31 31
91 32 33
92 32 33
93 33 33
94 34 34
95 35 36
96 35 36
97 35 37
98 35 38
99 35 38
100 36 39
101 36 41
102 36 42
103 38 42
104 39 43
105 39 43
106 39 43
107 39 43
108 39 43
109 39 43
110 40 44
111 40 44
112 40 45
113 40 46
114 40 46
115 40 46
116 40 46
117 40 46
118 40 46
119 41 46
120 41 46
121 41 46
122 42 46
123 43 47
124 43 48
125 43 48
126 43 49
127 44 49
128 44 49
129 44 50
130 44 51
131 44 51
132 44 51
133 44 52
134 44 53
135 44 54
136 44 55
137 44 55
138 44 55
139 44 55
140 44 55
141 44 55
142 44 57
143 44 57
144 44 57
145 44 57
146 44 59
147 44 60
148 44 60
149 44 60
150 44 60
151 44 60
152 44 60
153 44 60
154 44 60
155 44 61
156 44 61
157 44 61
158 44 61
159 44 61
160 44 61
161 44 62
162 44 62

2023年の大谷と2022年のジャッジの月別本塁打数

月別の本塁打数です。

繰り返しますがそれぞれの試合日程が違うので、同じ月でも試合数が異なる場合があります。(特に2022年は労使協定のもつれにより開幕が遅れるなど変則的な日程)

大谷
2023年
ジャッジ
2022年
3,4月 7 6
5月 8 12
6月 15 11
7月 9 13
8月 5 9
9,10月 0 11
合計 44 62

 

>> 2023年の大谷翔平の打者成績の推移

>> 2022年のアーロン・ジャッジの打撃成績の推移

>> 2023年の大谷翔平の全ホームラン動画。日付、打球速度、角度、飛距離、球種まとめ

>> 2023年のメジャー本塁打ランキング。ア・リーグのホームラン王争いの推移

コメント

  1. 小谷翔平 より:

    ちょうど22年のジャッジと比較するとどうなんだろうと思ってました。改めて見るとジャッジのコンスタントさに驚きます。でも追いついたのでルース、マリス、ジャッジ一気超え期待します。

    • 管理人 より:

      ジャッジも後半戦はかなり四球が多くなっていたのですが、それでもあまりペース落ちませんでしたね。大谷も今ものすごい勢いで打っていますが、後半戦でもう1回今の勢いで量産できる期間があるといいですね。

  2. 山辛眺平 より:

    外部(ファンやメディア)の期待に気負ってバッティングが崩れる可能性(ホームラン競争出なくては、ホームラン打たなくては)を考慮してます。
    まず50本(残り7本/月)を目標に登板間隔を開けて(隔週登板でも構わないし、投手は後半全休でも構わない。)しっかりホームラン王を狙って欲しい。それが叶ったら段階的に55本→60本→ジャッジ超えの声を上げろよと、まだ囃し立てるなと苦慮する次第だす

    • 管理人 より:

      我々は投打どちらかだけでもと思ってしまいがちですが、本人は相当な負けず嫌いのようなので、投手でも打者でも1位になってやろうと思ってプレーしてると思います。
      日本時代から常に注目されてきた選手ですし、マイペースな性格にも見えるので、外部の声に左右される心配もしなくていいかなと感じます。

      いずれにしても今年こそはホームラン王をとってほしいですし、その先にジャッジ超えがあるといいですね。

  3. shinji inoue より:

    まだ63本可能性はありますね!期待していますが、期待し過ぎても打てなかった試合結果をみると残念な気持ちが強くなるので、マイペースで応援します

    • 管理人 より:

      ペース的には56本ペースですが、また量産モードに入れば60本以上もまだまだ狙えます

タイトルとURLをコピーしました