2021年後半戦の大谷翔平の打撃不振の原因を考える【スランプ】

スランプスポーツ

2021年前半戦は打撃が絶好調だった大谷ですが、後半戦に入ると調子を落としました。

特に、7月29日から8月10日までの13試合はホームランもゼロで、スランプといった感じになりました。

<前半戦の成績>

打率本塁打打点OPS出塁率長打率
.27933701.062.364.698

<7/29~8/10の成績>

打率本塁打打点OPS出塁率長打率
.13901.545.295.250

不調の原因は外角攻め?

大谷の不調の要因として言われるのが、相手ピッチャーが四球覚悟で外角の厳しいコースに投げているというものです。

トラウトやレンドン、ウォルシュが離脱していたため、相手からすると大谷よりも後ろの打者と勝負するほうが楽です。

大谷はボール球を見極める我慢が必要になり、たとえストライクゾーンでも厳しい球に対応しなければならず、調子を崩しやすくなります。

前半戦は外角攻めに対応できていた

しかし、実は大谷は不調になる前から外角攻めをされています。

そして、それに対応できていました。

下図はホームランを量産していた6月8日から7月11日までの大谷への配球です。(単位は%)

6月8日から7月11日までの配球

6月8日から7月11日までの配球

※ちなみにこの1か月強で、大谷は17本のホームランを打っています。

続いて、ホームランを打てなかった7月29日から8月10日までの大谷への配球です。(単位は%)

7月29日から8月10日までの配球

7月29日から8月10日までの配球

内角低めが減ったぐらいで、それほど大きな違いはありません。

このように前半戦も大谷は外角攻めをされており、それでもホームランを打っていました。

レッドソックス戦でのインコース攻め

ただし、前半戦もずっとアウトコース中心だったわけではありません。

7月5日から7月7日までのレッドソックスとの3連戦で大谷は、インコース攻めを徹底されました。

7月5日から7月7日までの配球

7月5日から7月7日までの配球

今までこのような攻め方をしてきたチームはなく、この3連戦で大谷はホームランを1本打ったものの、13打席で5三振でした。(三振率38.5%)

大谷は三振が多い打者ですが、絶好調だった6月8日からレッドソックス戦前の7月4日までの三振率は25.3%でした。

このレッドソックス戦後の7月9日から7月31日までは三振率が42%に増加しています。

レッドソックス戦でのインコース攻めにより、何かがおかしくなってしまった可能性があります。

後半戦は95マイル以上の速球が打てない

もう1つ気になるデータとして、大谷は速球が打てなくなりました。

95マイル(約153キロ)以上のボールに対する、4月1日から7月4日までの成績は以下のようになっています。

<4/1~7/4の95マイル以上の投球への成績>

投球打席安打本塁打打率三振三振率
1764296.2571126.2%

これは年間600打席まわってくるとすると、85本塁打を記録するとんでもない成績で、大谷はもともとは速い球にめっぽう強い選手でした。

しかし、前述したレッドソックス戦でのインコース攻め後、大谷は速球が全く打てなくなりました。

<7/5~8/10の95マイル以上の投球への成績>

投球打席安打本塁打打率三振三振率
621100.000981.8%

打席が少ないとはいえ、三振率81.8%は異常です。

実は2021年の大谷への投球の速球比率は48%ほどで、これはメジャーで一番低いです。

したがって大谷は変化球を待っている可能性があり、その結果、特に速い95マイル以上のボールに対応できていないのかもしれません。

それでも95マイル以上のボールは、大谷への全投球の約15%を占めています。

再び前半戦のようにホームランを量産するためには、速い球への対応もカギになってくるでしょう。

 

※9月23日追記。依然として95マイル以上の球が打てません。しかし、9月21日の試合では93.8マイル(151キロ)のストレートをホームランにしました。ストレートをホームランにするのは今季12回目で、7月28日以来となります。復調の兆しとなるか注目です。

<7/5~9/21の95マイル以上の投球への成績>

投球打席安打本塁打打率三振三振率
1513820.0632463.2%

 

>> 後半戦の大谷は引っ張る打球が増え、センター方向へのホームランが減少

コメント

タイトルとURLをコピーしました