エンゼルスは攻撃の時間が短い。早打ちで四球が選べない打線

選球眼スポーツ

エンゼルスの試合は守りの時間が長く、見ているのがつらくなることがあります。

エンゼルスは投手が炎上し、守備もミスをしがちなので、守りが長くなるのは仕方ありません。

しかしそれに加えて、エンゼルスの攻撃の時間が短すぎることも、守りの時間を長く感じさせる要因となっています。

エンゼルスは8月13日時点で、メジャー30球団中でチーム打率が6位、チームOPSが12位なのでメジャーでもそこそこ上位の打線です。

それでも攻撃があっさりしてしまう理由は、早打ちが多いためです。

※以下、データは2021年8月13日時点のものです。「被投球数」「四球率」は打者からみての「球数」「四球率」を表しています。

エンゼルスのチームとしての被投球数と四球率

エンゼルスのチームとしての1打席あたりの被投球数は3.82球で、メジャー30球団中で3番目に少ないです。

また、チームとしての四球率は7.34%でメジャーで2番目に少ないです。

ヤンキースやドジャースの四球率は10%を超えており、そうしたチームと比較すると、エンゼルスは1試合あたり1つ四球が少ないことになります。

エンゼルスの各選手の被投球数と四球率

エンゼルスで2021年シーズンに35打席以上たっている選手の被投球数と四球率をまとめました。

選手1打席あたりの
被投球数
四球率
アデル4.388.10%
トラウト4.3018.50%
マーシュ4.1811.80%
アプトン4.1611.10%
大谷翔平4.1412.40%
レンヒーフォ4.083.30%
スタッシ4.058.30%
イートン3.923.10%
ウォルシュ3.866.50%
レンドン3.8311.60%
ロハス3.825.80%
メイフィールド3.754.20%
カートスズキ3.734.40%
ゴセリン3.727.40%
ラガレス3.723.50%
ウォード3.698.20%
イグレシアス3.643.80%
ウォン3.452.30%
フレッチャー3.244.40%

フレッチャーはメジャーで一番の早打ち打者

メジャー全体では140人が規定打席に到達していますが、その平均の1打席あたりの被投球数は3.92球です。

エンゼルスでは、大谷、ウォルシュ、イグレシアス、フレッチャーの4人が規定打席に到達しており、それぞれの1打席あたりの被投球数の順位はメジャー140人中、

  • 大谷:20位
  • ウォルシュ:86位
  • イグレシアス:129位
  • フレッチャー:140位(最下位)

です。

これはイグレシアスとフレッチャーがメジャーでもかなりの早打ちという意味ですが、129位のイグレシアスが3.64球に対し140位のフレッチャーが3.24球と、この2人の中でも差があります。

フレッチャーの3.24球というのは、メジャーの中でも極めて少ない数字であり、フレッチャーはメジャーきっての早打ち打者です。

エンゼルスは四球を選べる選手が少ない

また、メジャー全体の四球率は8.78%なので、四球率の目安としては以下のようになります。

  • 四球率10%以上:選球眼が良い、粘れる
  • 四球率5%以下:選球眼が悪い、早打ち

<四球率10%以上の選手>

  • トラウト
  • 大谷
  • マーシュ
  • レンドン
  • アプトン

トラウトの四球率18.5%はメジャーでもトップクラスの数字ですが、マーシュ、アプトン、レンドンといった打撃の調子が上がらず批判されがちな選手も、しっかり四球を選んでいます。

<四球率5%以下の選手>

  • カートスズキ
  • フレッチャー
  • メイフィールド
  • イグレシアス
  • ラガレス
  • レンヒーフォ
  • イートン
  • ウォン

エンゼルスは四球を選べない打者のほうが多く、四球率10%以上の5人を除くと、全員メジャー平均の8.78%を下回っています。

早打ちはダメなのか?積極打法に優位性はない

当然と言えば当然ですが、被投球数が多ければ四球率も高くなる傾向があります。

下図は横軸にメジャー30球団の被投球数、縦軸に四球率をとったものです。

被投球数vs四球率

球を多く見れば四球が増えるだけでなく、投手の球数も増えるので、たとえ優秀なピッチャーを打ち崩せなくともマウンドから早くおろせる可能性があります。

一方で、「積極的に打っていく」という言葉を、選手や解説者がいい意味として使うことがあります。

追い込まれてからだと、ゾーンを広めに対応せざるをえなくなり、ボール球にも手を出しやすくなります。

早いカウントで狙った球を打っていくというのは、理にかなっているように感じます。

しかし、実際には早打ちに優位性は見られません。

下図は横軸にメジャー30球団の被投球数、縦軸に長打率をとったものです。

被投球数vs長打率

被投球数と長打率に相関はなく、積極的に打っていけば打撃成績が上がるわけではありません。

 

前述したように、じっくり球を見ていけば四球を選べる可能性が増えますし、何よりファンとして、応援しているチームの攻撃が数球であっさり終わってしまうのは悲しいです。

エンゼルスの各打者には、もう少し粘り強い打撃をしてほしいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました