※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

エンゼルスのノーラン・シャヌエルの経歴と選手の特徴

ノーラン・シャヌエルスポーツ

2023年8月18日にエンゼルスのノーラン・シャヌエル(21歳)がメジャーに初昇格しました。

シャヌエルは2023年ドラフト1巡目の選手で、昇格時点でエンゼルスのプロスペクトランキング(若手有望ランキング)でオホッピーに次いで2位にランクされています。

エンゼルスの若手らしく2Aから一気の昇格となりましたが、プロ入りから1か月未満でのメジャー昇格は極めて異例です。(45年ぶりの早さとのこと)

シャヌエルの経歴と選手の特徴を紹介します。

ノーラン・シャヌエル

引用元:X @trashpandas

シャヌエルの経歴。大学、マイナー、メジャーでの成績

生年月日2002/2/14
身長193cm
体重99kg
ファースト右投左打
ドラフト2023年
1巡目(全体11位)

 

フロリダ・アトランティック大学出身のシャヌエルは、大学入学直後からレギュラー選手となり、ずっと打撃で結果を残してきました。

特に2023年は59試合の出場で、打率.447、19本塁打、長打率.868、OPS1.483という素晴らしい成績を残し、大学球界を代表する打撃力を持つ選手の1人となりました。

2023年にエンゼルスからドラフト1巡目(全体11位)で指名され、525万ドル(約7.4億円)で契約しました。

<大学での成績(3シーズン)>

試合打率本塁打打点盗塁OPS出塁率長打率
172.38646176311.215.516.698

マイナー、メジャーでの成績

2023

<ルーキーリーグ、1A、2Aでの成績>

試合打率本塁打打点盗塁OPS出塁率長打率
21.370115101.003.510.493

メジャーでの成績はこちら

>>【メジャー】2023年エンゼルスの選手の個人成績(野手、投手)

 

シャヌエルは2023年7月21日にルーキーリーグでプロキャリアをスタートさせ、その8日後には2Aに昇格しました。

マイナーでも大学時代と似たような優れた打撃成績を残していましたが、8月18日にプロデビューから1か月もたたずにメジャー昇格し、即1番ファーストでスタメン出場しました。

8月30日に球団新となる初出場から10試合連続安打を、9月17日に同じく球団新となる初出場から16試合連続出塁を記録しました。(9月30日にメジャー歴代3位タイとなる初出場から29試合連続出塁まで伸ばして来シーズンへ)

<メジャー初出場で初安打>

<メジャー初ホームラン(サイレントトリートメント)>

シャヌエルの選手としての特徴

打撃

シャヌエルは腕を高く上げた打撃フォームが特徴で、非常に高い打撃力を持った選手です。

大学では通算長打率.698を記録し、193cm99kgの恵まれた体格のファーストの選手ということで、典型的なパワーヒッターを想像してしまいますが、それほど爆発的なパワーを持った選手ではないとされています。

むしろシャヌエルはコンタクト力に優れ、高い打率を残すタイプで、ヒットは3方向に打ち分けることができます。

メジャー昇格時点でマイナーでは打率.370と高い打率を記録する一方で、長打率は.493で27本のヒットのうち長打は6本だけでした。

 

特筆すべきは三振の少なさと四球の多さです。

優れた選手の大学での成績において、三振と四球の数が同じぐらいになるのはそこまで珍しくありませんが、シャヌエルは大学通算810打席で三振が57、四球が138です。

特に2023年の大学での成績は289打席で14三振(三振率4.8%)、71四球(四球率24.6%)と信じがたい数字になっています。

メジャー昇格時点でマイナーではわずか96打席しかありませんが、10三振(三振率10.4%)、21四球(四球率21.9%)と持ち味であるコンタクト力と選球眼を発揮しています。

出塁率は大学でもマイナーでも5割を超えており、打撃の調子が悪いときでも最低限四球を選んでチームに貢献してくれそうなタイプです。

走塁

シャヌエルの足の評価は平均的とされています。

ただ、大学では172試合で31盗塁、マイナーではメジャー昇格時点で21試合で10盗塁と、盗塁はそれなりに多いです。

出塁率が高いので盗塁チャンス自体が多いですが、わりと積極的に走塁するタイプなのかもしれません。

<三塁打>

守備

シャヌエルはほとんどの試合でファーストを守っていますが、大学のサマーリーグではレフトを中心に外野やサードを守ることがありました。

レフト、ライトを守る身体能力を持っていると評価されており、また、大学のコーチはMLBのスカウトに対し、セカンドやサードも薦めていました。

メジャー昇格時点ではマイナーでは全てファーストで出場していますが、チーム状況次第で複数ポジションを守るようになる可能性があります。

総合評価(スカウティング・グレード)

エンゼルスのプロスペクトランキングで2位となった2023年8月19日時点でのMLBのスカウティング・グレードによる5ツール評価。

ミートパワー走力送球守備総合
605050505050

スコアは20~80。50が平均で、60が平均以上。

総合が65以上だと、将来的にオールスター級の傑出した選手になりうるとされている。

まとめ

シャヌエルは腕を高く上げた打撃フォームが特徴で、コンタクト力と選球眼をもった質の高い打撃をみせる選手です。

マイナーでも評判どおりの優れた打撃成績を残しており、スカスカなエンゼルスのマイナー組織の中で唯一の希望のような選手で将来が楽しみでしたが、まさかプロ入り1か月未満でメジャーに昇格するとは思いませんでした。

エンゼルスから指名を受けた時は、「ネト、ジョイス、トラウト、大谷と一緒にプレーしたい。彼らのチームメイトになる準備はできている」と話し、現地ファンからは「大谷は今シーズンでいなくなるからオールスター明けにすぐ昇格させてあげて」と冗談で言われていましたが、冗談ではなくなりました。

さすがにすぐにメジャーで活躍するのは難しいかもしれませんが、タイプ的にホームランをたくさん打つけど空振りが多いような選手よりは信頼できる気がします。

2023年は初球からボール球を積極的にスイングして凡退する選手が目立つエンゼルスですが、シャヌエルにはこれまでどおり規律を持ったアプローチで、来年以降につながる打席内容にしてほしいところです。

 

>> 2023年のエンゼルスのドラフト選手一覧と注目選手紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました