エンゼルスのジョナサン・ディアスの経歴と選手の特徴

ジョナサン・ディアススポーツ

ジョナサン・ディアスは2021年にエンゼルスでメジャーデビューしたサウスポーです。

ディアスはエンゼルスの6人目の先発ローテーションを争っている1人で、2022年に今季メジャー初登板となった5月6日の試合で5回無失点で勝利投手となっています。

ケガにより今シーズン終了となりました。

※2022年11月にDFA(戦力外)となりました。

ディアスの経歴とマイナー、メジャー成績

生年月日1996/9/13
身長183cm
体重77kg
投手左投左打
ドラフト国際FA

ディアスはベネズエラ出身で、2013年に国際FAでレッドソックスと契約しました。

アマチュア時代は右投げでも左投げでも同じ強さで投げられるという特徴がありました。

レッドソックス時代にはチームのプロスペクトランキング(若手有望ランキング)で2017年28位、2018年30位、2019年30位に入ったもののメジャーデビューはかなわず、2020年シーズン終了後にマイナーFAでエンゼルスと契約しました。

エンゼルスでは2021年9月にメジャーデビューし、その翌週のメジャー2度目の先発で初勝利をあげています。

マイナー成績

2014年

<ルーキーリーグでの成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
1466.1621.630.937.32.2

2015年

右ひざの故障により登板なし。

2016年

<ルーキーリーグでの成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
1360442.851.178.62.7

2017年

<1Aでの成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
1888.2664.571.458.12.8

2018年

<1Aと1A+での成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
27157.11193.091.098.62.4

2019年

<1A+での成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
27128.1983.861.368.33.8

2020年

コロナによりマイナー全試合中止。

2021年

<2Aと3Aでの成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
1276.1564.011.1110.92.4

2022年

<3Aでの成績>

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
1047314.981.368.83.8

マイナー通算

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
12562444363.531.218.62.8

メジャー成績

2021年

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
313104.151.386.24.9

2022年

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
415.1112.931.506.55.9

メジャー通算

登板防御率WHIP奪三振率与四球率
728.1213.491.456.45.4

ディアスの球種・球速。投手としての特徴

ディアスの球種2022

 

<2022年の平均球速>

マイルキロ
ストレート91.4147.1
スライダー80.6129.7
シンカー88.7142.7
チェンジアップ80.7129.8
カーブ74.7120.2

 

ディアスの球種の中で特別に良いボールはまだありません。

2022年のストレートの球速はメジャー下位11%で、回転数も悪いです。

その他の球種もどれも平均的か平均を下回るようなものですが、5つの球種を上手く組み合わせます。

特に、スリークォーター気味の角度から滑らかな腕振りで、シンカーやチェンジアップといった沈む球を低めにコントロールすることが持ち味で、マイナーではゴロ率の高いピッチャーでした。

しかしメジャーでは球がバラつきがちで、与四球率も非常に高いです。

本来の低めへのコントロールの良さが発揮できなければ、先発ローテーション入りは難しいでしょう。

 

<2022年4月。3Aで8回無失点、被安打1、無四球>

コメント

  1. イサッククルス より:

    こうしてこれまでのマイナー成績を並べて見ると、着実に成長している感が分かるので期待が持てますね!

    MLBのHP等でマイナー成績や配球データを探そうとしても見つけ辛く分かり辛いので、とても助かってます。
    お陰様で明日の試合も楽しく観れそうです!

    • 管理人 より:

      ありがとうございます。
      MLBの分析サイト等ではありとあらゆるデータが公開されていて楽しいですが、どこに何があるのかわかりにくい面もありますよね。
      このサイトは自分用にまとめているところもあるのですが、誰かの役に立てれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました
×