2022年エンゼルスのウォードの打撃が覚醒した理由は選球眼の向上

スポーツ

2022年5月12日時点で打率.367、7本塁打、17打点、OPS1.199とメジャートップクラスの成績となっているウォード。

※最新のウォードの成績はこちら。
>> 【WAR】2022年エンゼルスの選手の個人成績(野手、投手)とチーム打率、チーム防御率など

ウォードはもともと打撃が期待されてきた選手ですが、2022年にさらに飛躍した要因は「選球眼」にありそうです。

※以下、データは2022年5月12日時点のStatcastのものです。

ウォードの打撃内容を2021年と2022年で比較

まず、ウォードの2021年と2022年の成績を比較してみます。

打率出塁率長打率OPS本塁打%バレル率
2021.250.332.438.7693.4%10.3%
2022.367.490.7091.1997.1%15.5%

2022年は本当に素晴らしい数字が並んでおり、この中で長打率以外の項目は2022年メジャーでトップです。

(※バレル率:打球速度、打球角度から計算される長打になりやすい打球率)

 

ただ、打球速度やフライ/ゴロの比率などにはあまり変化がなく、スイング等が変わったというよりは、打席の中でのアプローチが変わった可能性が高いです。

打球速度ハードヒット率ゴロ率フライ率ライナー率
202189.639.7%38.5%29.5%27.6%
202287.639.7%39.7%31.0%24.1%

 

※追記。打撃フォームは手の位置、足のあげ方、ステップ幅など、いろいろ変わってました。

ウォード打撃フォーム変化1

ウォード打撃フォーム変化2

ボール球に手を出さず、打つべき球を打つようになったウォード

そのことが以下の項目に現れています。

三振率四球率ゾーン
スイング%
チェイス%
202123.2%8.4%67.5%25.1%
202221.4%19.4%58.7%15.9%

2022年の四球率19.4%はメジャー上位1%、ボール球のスイング率(チェイス率)は15.9%でメジャー上位2%としっかり我慢できています。

そしてウォードは単純にボール球を振らないだけでなく、ストライクゾーン内でも打つべきボールを選んでいます。

下図で緑の枠内がストライクゾーンですが、2021年はストライクゾーンに来た球は何でも振っていたことがわかります。

<2021年のウォードのゾーン別スイング率>

2021年ウォードスイング率

 

一方、2022年はボール球だけでなくストライクゾーンでも見逃すことが多くなり、特に外側のボールはゾーン内でもスイング率が低いです。

<2022年のウォードのゾーン別スイング率>

2022年ウォードスイング率

 

実はゾーン内であっても外側は打率が低くなります。

下図はメジャーの右打者のゾーン別打率です。

<2022年のメジャーの右打者のゾーン別打率>

2022年のメジャーの右打者のゾーン別打率

 

このようにウォードはボール球には手を出さずに四球を選びつつ、ストライクゾーンの中でも真ん中から内側の打ちやすいボールをスイングしていくことで、長打を量産しているものと思われます。

言ってしまえば「好球必打」なのですが、これはもともとのウォードの持ち味でした。

ウォードはプロ1年目のルーキーリーグ時代から選球眼に優れており、マイナー通算で四球率13.7%と高い数字を記録していました。

メジャーでの四球率は2021年まで通算で8.1%と普通の数字に落ちていましたが、原点回帰でしっかり待って打てる球を打つことで、2022年についにブレイクしました。

 

2022年のウォードのBABIP(インプレー打率)は.431と高すぎるので、今後は成績がある程度は落ちてくるものと思われますが、この好球必打を続けていれば大崩れはなさそうです。

トラウト、大谷、レンドン、ウォルシュとビッグネームが並ぶエンゼルス打線にもう1人強打者が加わったことになります。

※BABIP:ホームランと三振、四球以外の打球、つまりフィールド内に飛んだ打球の打率。平均すると.300ぐらいに落ち着くため、短期的な運の指標とされる。1シーズンを終えて.400を超えることはほとんどない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました