※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

過去のメジャーの二刀流の記録(シーズン成績)

スポーツ

大手データサイトのFanGraphsによると、メジャーリーグで1シーズンに15試合以上に登板し、かつ投手以外で15試合以上に出場した選手は、1901年~2020年の間にのべ24人います。

しかし二刀流といっても、その多くが打者としては物足りない成績であるため、その中でもOPSが.670以上の選手の投手成績・打者成績をまとめました。

※OPS=出塁率+長打率。打率よりも得点との相関が高い指標。
OPSの目安は、.900以上:素晴らしい、.833以上:非常に良い、.767以上:良い、.700以上:並

引用元:CNN

歴代の二刀流選手のシーズン成績一覧

のべ9人います。OPSが高い順番に紹介します。

ベーブ・ルース:1919年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
130 .322 29 113 1.114 17 9 5 133 2.97

ベーブ・ルース:1918年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
95 .300 11 61 .966 20 13 7 166 2.22

ザザ・ハーベイ:1901年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
62 .333 1 27 .818 16 3 7 92 3.62

ウィリー・スミス:1964年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
118 .301 11 51 .782 15 1 4 31.2 2.84

オジー・オーウェル:1928年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
64 .306 0 22 .771 27 6 5 106 4.58

レイ・コールドウェル:1918年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
65 .291 1 18 .729 24 9 8 176 3.06

ジョニー・クーニー:1926年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
64 .302 0 18 .724 19 3 3 83.1 4.00

ハリー・ハウエル:1902年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
96 .268 2 42 .706 26 9 15 199 4.12

ジョージ・シスラー:1915年

試合 打率 打点 OPS 登板 防御率
81 .285 3 29 .676 15 4 4 70 2.83

 

この中から「ジョージ・シスラー」、「ウィリー・スミス」、「ベーブ・ルース」を詳しく紹介します。

ジョージ・シスラー

ジョージ・シスラーは、シーズン257安打の最多安打記録を84年間保持していました。

それを破ったのが2004年のイチローであり、当時のニュースで何度もジョージ・シスラーという名前が出てきたので覚えている人も多いと思います。

意外にもルーキーだった1915年には二刀流としてプレーしており、8試合に先発し6試合で完投しました。

その後も1916年から1928年までで合計41イニングを投げましたが、ほぼ打者に専念し、シーズン打率4割超えを2度記録するなどして殿堂入りを果たしました。

<1915年の成績>

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
81 295 .285 3 29 10 .307 .369 .676
登板 防御率 先発 完投 完封 WHIP
15 4 4 70 2.83 8 6 0 1.43

ウィリー・スミス

今回取り上げた15試合以上の登板、15試合以上の投手以外での出場という条件では、ウィリー・スミスは唯一の第二次世界大戦後の選手であり、また唯一の黒人選手です。

1964年は大谷の所属するエンゼルスでプレーし、主にリリーフとして5月と6月に15試合に登板し、防御率は2.84でした。

6月以降は登板がありませんでしたが、外野の準レギュラーとなり打率.301、本塁打11本、7盗塁と活躍しました。

この年以降、マウンドに上がったのは1968年の3度のリリーフ登板だけで、打者に専念しました。

1965年に136試合に出場し14本塁打を打ちましたが、打者としては目立った記録を残すことはできませんでした。

<1964年の成績>

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
118 373 .301 11 51 7 .317 .465 .782
登板 防御率 先発 WHIP 奪三振率
15 1 4 31.2 2.84 1 1.39 5.7

ベーブ・ルース

「野球の神様」ベーブ・ルースは、最初は投手として活躍し、1915年から1917年までの3年間で65勝33敗を記録しました。

1918年と1919年に投手と外野での二刀流として活躍した後は、1920年から1933年まででわずか5試合の登板でした。

打者専念後の活躍はここで書ききれるものではありませんが、通算714本塁打はメジャー3位、通算長打率.690と通算OPS1.164はともにメジャー記録です。

<1918年の成績>

ホームラン王。

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
95 382 .300 11 61 6 .411 .555 .966
登板 防御率 先発 完投 WHIP
20 13 7 166 2.22 19 18 1.05

 

<1919年の成績>

ホームランと打点の二冠王。

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
130 543 .322 29 113 7 .456 .657 1.114
登板 防御率 先発 完投 WHIP
17 9 5 133 2.97 15 12 1.55

 

2021年は大谷翔平が二刀流で大活躍しています。

一部では、「ベーブ・ルースが打者として活躍したのは打者に専念した後であり、二刀流のシーズン記録では大谷がすでにベーブ・ルースを上回っている」という声もあります。

しかし、ベーブ・ルースの二刀流のキャリアハイである1919年の記録は素晴らしく、明確に超えていると言っていいのか微妙です。

野球の神様と競り合っていること自体が異常ですが、大谷には残りのシーズンでさらに数字を積み上げていって、疑うべくもない「ベーブ・ルース超え」を成し遂げてほしいと思います。

※追記。

<2021年大谷の成績>

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
155 639 .257 46 100 26 .372 .592 .965
登板 防御率 先発 完投 WHIP
23 9 2 130.1 3.18 23 0 1.09

<2022年大谷の成績>

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
157 666 .273 34 95 11 .356 .519 .875
登板 防御率 先発 完投 WHIP
28 15 9 166 2.33 28 0 1.01

<2023年大谷の成績>

試合 打席 打率 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
135 599 .304 44 95 20 .412 .654 1.066
登板 防御率 先発 完投 WHIP
23 10 5 132 3.14 23 1 1.06

>> 2021年大谷の打者成績

>> 2021年大谷の投手成績

※2022年はベーブ・ルース以来の10勝10本塁打とルースもできなかった投打規定到達を達成

>> 2022年の大谷の打者成績

>> 2022年の大谷の投手成績

※2023年は10勝44本塁打(本塁打王)

>> 2023年の大谷の打者成績

>> 2023年の大谷の投手成績

コメント

タイトルとURLをコピーしました