2023年のエンゼルスの選手の年俸ランキング。日本円、ドル【一覧】

2023年のエンゼルスの年俸ランキングスポーツ

2023年の契約内容が確定しているエンゼルスの選手の年俸一覧です。

メジャー実働3年以内の選手は年俸調停権がないため、基本的にメジャー最低保証年俸の70万ドル~73万ドルぐらいになりますが、現時点では表から除外しています。(2023年の開幕ごろに追記予定)

  • 1ドル=140円で計算
選手日本円米国ドル
レンドン54億0000万円3857万ドル
トラウト51億9633万円3712万ドル
大谷翔平42億0000万円3000万ドル
アンダーソン18億2000万円1300万ドル
レンフロー15億6800万円1120万ドル
ウルシェラ12億8800万円920万ドル
ループ10億5000万円750万ドル
スタッシ9億8000万円700万ドル
テペラ9億8000万円700万ドル
フレッチャー8億4000万円600万ドル

※レンフロー、ウルシェラは推定年俸

 

<2023年に新たに年俸調停権を持つ選手>

  • レンヒーフォ
  • ウォルシュ
  • バリア
  • キャニング
  • ウォード
  • サンドバル

年俸調停権を持つ前であっても、有力選手はメジャー最低保証年俸を上回る金額で複数年契約を結ぶことがあります。

 

2022年オフにエンゼルスがぜいたく税がかからない範囲ギリギリで補強する場合、残りの補強資金はおおよそ2000万ドル(28億円)ぐらいと予想されます。

  • ぜいたく税の基準額:2億3300万ドル(326億円)
  • 11/23時点の年俸等の推定総額:2億0648万ドル(289億円)
  • 差し引き:2652万ドル(37億円)

>> 2022年のエンゼルスの選手の年俸

>> 2022年オフのエンゼルスの補強。FA、トレード、戦力外、DFAなど新戦力まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
×