※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【2023】エンゼルスの中継ぎはひどい?リリーフのチーム投手指標まとめ

2023年のエンゼルスのリリーフ投手の成績 スポーツ

ここ数年のエンゼルスは中継ぎがひどいと言われており、2021年からは一部ネット上でナイトメア呼ばわりされています。

>> エンゼルスの中継ぎ投手陣がナイトメアと呼ばれる元ネタ

たしかにリリーフ陣のせいで勝てる試合を落としたのを何度も見ましたが、だからといってエンゼルスのリリーフ陣がひどいかどうかはわからないと思います。

もし他のチームのリリーフも同様にリードを守れていないならば、エンゼルスのリリーフがどうこうではなく、「野球とはそういうもの(中継ぎは打たれるもの)」と考えることができます。

印象ではなく客観的にエンゼルスのリリーフが良いか悪いかを見るために、エンゼルスのリリーフの投手成績をメジャー平均と比較しました。

データは20時ごろ更新予定です。

※2023年10月3日更新

エンゼルスのイニング別防御率

エンゼルスのイニング別防御率と、メジャー30球団中の順位です。

リリーフだけでなく、先発も含めた全投手のものです。

イニング メジャー平均 エンゼルス 順位
1回 4.54 3.72 6位
2回 4.13 3.17 4位
3回 4.60 4.78 20位
4回 4.48 6.67 30位
5回 4.38 3.44 4位
6回 4.41 4.78 24位
7回 4.26 5.89 29位
8回 4.21 5.17 28位
9回 3.93 4.27 20位
延長 3.47 2.55 12位

>> 2023年の大谷翔平の投手成績。イニング別防御率など

エンゼルスのリリーフのチーム投手成績

エンゼルスのリリーフの投手指標と、メジャー30球団中の順位です。

全ての指標で先発を含まず、リリーフ投手だけのデータとなります。

メジャー平均 エンゼルス 順位
勝利 34.2 31 19位
敗戦 29.5 37 27位
投球回 603 601 13位
防御率 4.17 4.88 25位
WHIP 1.32 1.50 28位
奪三振率 9.12 8.92 21位
与四球率 3.69 4.34 27位
K/BB 2.47 2.06 27位
被打率 .239 .258 28位
被本塁打率 1.09 1.32 28位
FIP 4.21 4.83 29位
被BABIP .295 .311 25位
セーブ 41.4 43 15位
セーブ失敗 24.6 28 20位
セーブ成功率 62.7% 60.6% 20位
ホールド 83.5 94 8位
SD 148.1 150 14位
MD 88.5 103 26位
SD/MD 1.67 1.46 25位
RE24 7.53 -65.25 28位
WPA 1.93 -3.89 28位

<用語>

    • WHIP:1イニングあたりに出したランナーの数
    • K/BB:奪三振÷与四球。高いほど良い
    • 被本塁打率:9イニングあたりの被本塁打数
    • FIP:奪三振、与四球、被本塁打から計算される防御率っぽい数字。守備の影響を除外。
    • BABIP:本塁打以外の打球がヒットになる確率。投手のBABIPは.300ぐらいになるので、それより低ければ運が良く、高ければ運が悪いとされる。
    • RE24:得点期待値への貢献度。リリーフの場合、ピンチで登板して好投したかどうかなどが影響大。
    • WPA:チームの勝利への貢献度。リリーフの場合、終盤の接戦時で好投したかなどが影響大。
    • SD(シャットダウン):WPAが0.06以上を記録した試合。
    • MD(メルトダウン):WPAが-0.06以下を記録した試合。

セーブ、ホールド、RE24、WPA、SD、MD、の用語については以下の記事をご覧ください。

>> 【中継ぎ、抑え】メジャーのリリーフの投手指標について【IR、RE24、WPA、SD、MD】

>> 【WAR】2023年エンゼルスの選手の個人成績(野手、投手)とチーム打率、チーム防御率など

コメント

タイトルとURLをコピーしました