エンゼルスのレンヒーフォにベネズエラが逮捕状を発行

レンヒーフォスポーツ

現地時間9月14日にエンゼルスのレンヒーフォに対し、母国ベネズエラから逮捕状が発行されたと報道されています。

レンヒーフォ

容疑は、レンヒーフォが離婚書類を偽造し、レンヒーフォの父親が偽造書類を使って元妻の同意を得ずに、レンヒーフォの妹に不動産や車を売却するよう手配したというものです。

9月11日にベネズエラでレンヒーフォの父、妹、弁護士が逮捕され、身柄を拘束されています。

ベネズエラ当局がレンヒーフォの身柄引き渡しを要求するかは不明です。

(ソース:https://www.ocregister.com/2021/09/14/angels-infielder-luis-rengifo-reportedly-charged-with-falsifying-documents-in-venezuela/

レンヒーフォは2019年にメジャーデビューした24歳の選手で、2021年は36試合に出場し、打率.180、OPS.520、4本塁打を記録しています。

2019年のオフシーズンには前田健太やベッツが絡んだ大型トレードの際に、レンヒーフォはドジャースが要求した選手として一部で話題になりました。(結局トレードは破談)

エンゼルスはレンヒーフォの起用を続ける予定

報道から一夜明けた現地時間9月15日の試合前、エンゼルスGMのミナシアン氏は「個人的な問題のため話せない」としながらも、状況が大きく変わらないかぎりレンヒーフォを出場選手登録したままにするとしています。

また、マドン監督もレンヒーフォをスタメンで使い続けると話しており、実際にレンヒーフォは現地時間9月15日の試合にもスタメンで出場しています。(3打数1安打1打点)

レンヒーフォは次のように声明を発表しました。

「私はベネズエラでの疑惑を認識しており、自身と家族を守るために新しい弁護士を雇いました。ベネズエラで係争中であり、また調査段階のため、私はこの件についてこれ以上コメントすることはできません。」

(ソース:https://www.ocregister.com/2021/09/15/jo-adell-ends-up-on-il-after-angels-expected-him-to-return-quickly/

コメント

タイトルとURLをコピーしました