ブラウザで動画がダウンロードできない時に試すべき4つのツール、サイト

ネット

「この動画をダウンロードしたいのに方法がわからない」

そう思って「〇〇 ダウンロード方法」と検索してみると、次のような回答を得ることができます。

Yahoo!知恵袋より

これはYahoo知恵袋ですが、あやしい日本語で書かれていますね。

なぜかベストアンサーがついていたりしますが、このようなよくわからないソフトをダウンロードしても、残念ながら動画をダウンロードできない場合が多いです。

ウイルスでもついてそうなソフトを使う前に、試してほしいツール(拡張機能)やサイトが4つあります。

これらは全て無料で利用できます。

個人的にはこの4つでネット上の動画の95%はダウンロードできると思っています。

以下でそれぞれのツールの使い方を紹介していきます。

(パソコンのGoogle ChromeまたはFirefoxで使えますが、今回はChromeでの使い方となります)

動画ゲッターの使い方

動画ゲッターはブラウザ(ChromeまたはFirefox)の拡張機能です。

60%ぐらいの動画は、動画ゲッターでダウンロードできると思います。

 

動画ゲッターのインストール方法

まず、動画ゲッターのサイトに行き、青色のインストールボタンを押します。

動画ゲッター インストール 1

 

Chromeの場合、Chromeのウェブストアが表示されるので、「Chromeに追加」という青いボタンをクリックします。

動画ゲッター インストール 2

 

「拡張機能を追加」をクリックします。

動画ゲッター インストール 3

 

これで動画ゲッターがインストールできました。

動画ゲッター インストール 4

 

しかし、このままだと使いづらいので、アドレスバーの隣にある拡張機能のマークをクリックします。

動画ゲッター インストール 5

 

表示された拡張機能の中から「Douga Getter」を探し、隣にあるピン止めのマークをクリックします。

動画ゲッター インストール 6

 

これで動画ゲッターのアイコンがアドレスバーの横に固定され、使いやすくなりました。

動画ゲッター インストール 7

 

動画ゲッターで動画をダウンロードする方法

ダウンロードできる動画が見つかると、自動的に動画ゲッターのアイコンが数字に変わります。

動画ゲッター 使い方 1

この場合はダウンロードできる動画を1つ検知したという意味です。

数字のアイコンをクリックすると、ダウンロードできる動画が表示されるので、それをクリックすると動画のダウンロードが開始されます。(赤枠のどこをクリックしてもOK)

動画ゲッター 使い方 2

 

動画のダウンロード中は右端のマークがクルクル回り、完了すると緑色のマークに変わります。

動画ゲッター 使い方 3

動画ゲッター 使い方 4

これで動画がダウンロードできました。

ちなみに動画のダウンロードが開始された時点で、動画元のサイトは閉じてもダウンロードは続行されます。

ただし、ブラウザ全体を閉じてしまうとダウンロードが中止されてしまうので注意しましょう。

 

動画ゲッターでダウンロードできない場合

動画の再生ボタンを押す

動画ゲッターは動画を検知するとアイコンが数字に変わります。

動画があるサイトを開くと、自動的に動画を検知してくれるので便利です。

しかし、アイコンが数字にならなかったり、数字に変わっていてもダウンロードしたい動画がダウンロードリストにあらわれない場合があります。

その場合は、動画の再生ボタンを押してみましょう。

再生ボタンを押して少し待つと、動画を検知できることがあります。

ただし、動画の再生ボタンを押して10秒待っても動画が検知されない場合は、別の方法を試しましょう。

多重DL回避のために読込中の動画を停止する

動画ゲッターで動画のダウンロードボタンを押しても、ダウンロードが始まらない場合があります。

動画ゲッター 試すこと 1

はてなマークでエラーが表示され、「ダウンロードを開始できません。元ページが『複数ファイルのダウンロード』の許可を求めている可能性があります」と記載されます。

これは動画のサイト側で、同時に複数のファイルをダウンロードすることを規制している場合に発生しやすいです。

この場合は、「多重DL回避のために読込中の動画を停止する」にチェックを入れるとダウンロードが開始されます。

動画ゲッター 試すこと 2

ただし、サイト側で表示されていた動画は再生できなくなるので、動画を再生しながらダウンロードも同時に行うというのは、この場合はできません。

動画ゲッターで1つのサイトから同時にダウンロードできるのは6つまで

1つのサイトからの同時ダウンロードの上限は6つです。

6つを超えてもダウンロードボタンは押せますが、ダウンロードは開始されません。

ダウンロードが保留されている分も、同時ダウンロード数が6つ未満になると自動でダウンロードが開始されます。

ストリーミング動画は動画ゲッターが使えないのでストリームレコーダーでダウンロード

動画ゲッターで動画をダウンロードに成功してもうまく再生できなかったり、または動画のごく一部しかダウンロードできていない場合があります。

これはストリーミング形式の動画でよく発生します。

やたらと検知される動画数が多かったり、動画を再生していくうちにどんどん検知される動画数が増えていくのがこのタイプです。

実際に動画のダウンロード画面に行くと、「動画のインデックスファイルです」という表示があります。

動画ゲッター 試すこと 3

この場合は動画ゲッターではダウンロードできないので、次に紹介するストリームレコーダーでダウンロードしましょう。

ストリームレコーダーの使い方

ストリームレコーダーは動画ゲッターの姉妹ツール(拡張機能)です。

動画ゲッターでダウンロードできなかったストリーミング形式の動画をダウンロードできます。

ただし、Chromeでしか利用できないため、Firefoxの場合は次に紹介するVideo DownloadHelperを利用してください。

 

ストリームレコーダーのインストール方法

まず、Chromeウェブストアからストリームレコーダーのページに行き、「Chromeに追加」という青いボタンをクリックします。

ストリームレコーダー インストール 1

 

「拡張機能を追加」をクリックします。

ストリームレコーダー インストール 2

 

これでストリームレコーダーがインストールできました。

ストリームレコーダー インストール 3

 

しかし、このままだと使いづらいので、アドレスバーの隣にある拡張機能のマークをクリックします。

ストリームレコーダー インストール 4

 

表示された拡張機能の中から「ストリームレコーダー」を探し、隣にあるピン止めのマークをクリックします。

ストリームレコーダー インストール 5

 

これでストリームレコーダーのアイコンがアドレスバーの横に固定され、使いやすくなりました。

ストリームレコーダー インストール 6

 

ストリームレコーダーで動画をダウンロードする方法

ダウンロードできる動画が見つかると、自動的にストリームレコーダーのアイコンの赤丸が大きくなります。

ストリームレコーダー 使い方 1

 

アイコンをクリックすると自動で動画の変換がスタートします。

ストリームレコーダー 使い方 2

 

動画の変換が完了すると緑色の「保存」ボタンが現れるので、押すとダウンロードがスタートします。

ストリームレコーダー 使い方 3

 

動画のサイズにもよりますが、紫色の「変換」には時間がかかりますが、緑色の「保存」は10秒もあれば完了します。

「変換」が始まった時点で、動画元のサイトは閉じても変換および保存は実行できます。

ただし、変換中のタブを閉じてはいけません。タブを閉じなくてもリロードされると変換が最初からやり直しになります。

また、「品質」から動画の画質を選択できます。

ストリームレコーダー 使い方 4

 

「最高」「最低」「カスタム」から選べますが、画質を変更すると、変換は最初からやり直しになるので注意してください。

ストリームレコーダー 使い方 5

Video DownloadHelperの使い方

Video DownloadHelperはChromeでもFirefoxでも利用できるツール(拡張機能)です。

ストリーミング形式の動画もダウンロードできるので、

Video DownloadHelper = 動画ゲッター + ストリームレコーダー

という感じで、さらに動画ゲッターでもストリームレコーダーでもダウンロードできない動画もダウンロードできる場合もあるので、非常に優秀です。

ただし、フル機能を使うには有料プランにする必要があったり、他にも少し使いにくいところがあるので私はメインでは使っていません。(後述)

 

Video DownloadHelperのインストール方法

Chrome、Firefoxそれぞれ入手サイトが異なります。

今回はChromeの場合で説明します。

サイトに行ったら「Chromeに追加」という青いボタンをクリックします。

videodownloadhelper インストール 1

 

「拡張機能を追加」をクリックします。

videodownloadhelper インストール 2

 

この英語のページが開かれると、インストールが完了したことになります。このページには簡単な使い方などが記載されています。

videodownloadhelper インストール 3

 

このままだと使いづらいので、アドレスバーの隣にある拡張機能のマークをクリックします。

videodownloadhelper インストール 4

 

表示された拡張機能の中から「ストリームレコーダー」を探し、隣にあるピン止めのマークをクリックします。

videodownloadhelper インストール 5

 

これでVideo DownloadHelperのアイコンがアドレスバーの横に固定され、使いやすくなりました。

videodownloadhelper インストール 6

 

Video DownloadHelperで動画をダウンロードする方法

ダウンロードできる動画が見つかると、自動的にVideo DownloadHelperのアイコンに色がつきます。

videodownloadhelper 使い方 1

 

アイコンをクリックすると、ダウンロードできる動画のリストが表示されるので、その中からお目当ての動画をクリックしダウンロードを開始します。

videodownloadhelper 使い方 2

 

しかし、ダウンロードが始まらずに「コンパニオンアプリが必要です。」と表示されることがあります。

この場合は、コンパニオンアプリをインストールしなければダウンロードできません。

簡単に言うと、拡張機能としてのVideo DownloadHelperを使うために、パソコンにソフトをインストールすることになります。

無料で、1回インストールすれば今後この表示は現れません。

コンパニオンアプリのインストール方法

緑色の「コンパニオンアプリをインストールする」をクリックします。

videodownloadhelper 使い方 5

 

DownloadHelperのサイトに移動するので、緑色の「Download」をクリックします。

videodownloadhelper 使い方 6

 

「VdhCoAppSetup-(数字).exe」と言う名前のファイルのダウンロードが開始されるので、完了したらそのファイルをダブルクリックします。

「このアプリがデバイスに変更を与えることを許可しますか」と聞かれるので「はい」をクリックします。

言語の選択肢が出ますが、日本語はないので「English」で「OK」をクリックします。

videodownloadhelper 使い方 8

 

利用規約が現れるので、「I accept the agreement(了承しました)」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

videodownloadhelper 使い方 9

 

インストール先のフォルダを聞かれるので、特にこだわりがなければそのまま「Next」をクリックします。

videodownloadhelper 使い方 10

 

「Install」をクリックします。

videodownloadhelper 使い方 11

 

数秒待つとインストールが完了するので「Finish」をクリックしてください。

videodownloadhelper 使い方 12

 

インストールし終わったら「VdhCoAppSetup-(数字).exe」のファイルは削除してOKです。

これでVideo DownloadHelperの大体の機能が使用できるようになりました。

 

Video DownloadHelperのデメリット

前述したとおり、「コンパニオンアプリ」のインストールを求められるので動画ゲッターやストリームレコーダーより面倒です。

また、コンパニオンアプリをインストールしたとしてもHLS(ストリーミング形式)の動画は120分に1回しかダウンロードできません。(2020年11月現在)

連続ダウンロードができないのはかなり不便です。

さらに、「使い方」の説明では以下のようにサラッと説明しましたが、

アイコンをクリックするとダウンロードできる動画のリストが表示されるので、その中からお目当ての動画をクリックするとダウンロードが開始されます。

これも不便です。

ダウンロードリストに大量に同じ動画が並ぶことがあり、どれを選択すればいいのかよくわからなくなります。

videodownloadhelper 使い方 13

 

どれでもよさそうに見えますが、ダウンロードしてもうまく再生できないファイルがあったりするので、慣れないうちはVideo DownloadHelperは使いにくいと思います。

私は慣れなかったので、動画ゲッターとストリームレコーダーをメインで使い、その2つでダウンロードできない場合のみ、Video DownloadHelperを利用しています。

y2mate.comの使い方(YouTube用)

y2mate.comはYouTubeの動画を保存する場合に使います。

上で紹介した3つではブラウザの拡張機能を利用しました。

一方、y2mate.comはサイトに動画のURLを貼り付けるだけでダウンロードが可能です。

何かをインストールする必要はありません。

また、YouTubeをダウンロードできるサイトは多くありますが、y2mate.comのように1080pの高画質でダウンロードできるサイトは少ないです。

y2mate.comの使い方は「【1080P】YouTubeを高画質でダウンロードする方法【インストール不要】」をご覧ください。

【1080P】YouTubeを高画質でダウンロードする方法【インストール不要】
パソコンから動画をダウンロードする場合、Googleクロームなら動画ゲッターかストリームレコーダーでダウンロードできる場合がほとんどです。 しかし、2021年4月現在、動画ゲッターやストリームレコーダーではYouTubeの動画をダウン...

記事の中ではClipConverterも紹介していますが、y2mate.comの方がダウンロードできる動画が多いです。

というか、y2mate.comでダウンロードできないYouTubeの動画を私は知りません。

どうしてもダウンロードできない場合はストリームレコーダーのキャプチャモード

netu.tvというサイトの動画は、動画ゲッターでもストリームレコーダーでもVideo DownloadHelperでもダウンロードできませんでした。

Ant video downloaderという拡張機能で落とすことができたので、下記記事で使い方を説明しています。

【nacastle】netu.tvの動画をダウンロードする方法【ytms.one】
nacatsleなどのサイトでは、netu.tvというプラットフォームの動画が埋め込まれています(ytms.oneというドメイン)。 2020年8月現在、netu.tvの動画は、「動画ゲッター」や「ストリームレコーダー」ではダウンロー...

ただし、2020年11月現在ではnetu.tvの動画もストリームレコーダーでダウンロードできるようになったので、あえてAnt video downloaderを使う必要はなくなりました。

 

また、何を使ってもダウンロードできない場合は、ストリームレコーダーのキャプチャモードを利用してみましょう。

これは、再生された動画をそのまま録画するような機能です。

通常、ストリームレコーダーはダウンロードできる動画が見つかると、アイコンの赤丸が大きくなります。

ストリームレコーダー 使い方 1

 

しかし、下図のように動画が検出できずアイコンが大きな赤丸にならない状態でも、

ストリームレコーダーのアイコン

アイコンをクリックするとキャプチャモードに移行できます。

キャプチャモード

 

キャプチャモードを利用するときは、必ず動画が再生された状態で行いましょう。

画質も再生されている動画と同じ画質で保存されます。

キャプチャモードでは、再生されている動画を閉じると、キャプチャモードも終了してしまうので注意しましょう。

キャプチャモードでも画質に明確な劣化は見られませんが、私が使ったところ、再生中に早送りなどをするとカクカクして少し挙動がおかしかったです。

したがって、キャプチャモードはあまりオススメはできないので、どうしても動画がダウンロードできない時の最終手段として利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました