【2021年】筒香嘉智は苦手の速球を克服できたのか?【メジャー】

パイレーツ筒香スポーツ

8月16日にパイレーツに入団した筒香は入団から1週間で、

  • 18打数6安打
  • ホームラン3本
  • 二塁打2本

と大活躍しています。

筒香は速球が苦手と言われていました。

この大活躍の中で、弱点の速球に対してはどういう結果だったのか、動画も含めながら確認してみます。

筒香はメジャー入団以降、95マイル以上の速球が弱点だった

筒香が2020年にメジャーに入団してから2021年6月までの、95マイル(約153キロ)以上の投球に対する成績は以下のようになっていました。

<2021年6月までの95マイル以上の投球に対する成績>

投球数打席安打単打二塁打三塁打本塁打打率三振三振率
2384753101.1281838%

 

特にフォーシーム(ストレート)に限定するとかなり悲惨な状況で、相手ピッチャーは筒香に対して速球を中心に組み立てていました。(筒香への速球比率63%)

<2021年6月までの95マイル以上の4シームに対する成績>

投球数打席安打単打二塁打三塁打本塁打打率三振三振率
1843621100.0671644%

パイレーツ入団後は95マイル以上の速球に対応

しかし、パイレーツに入団してからの1週間の成績では、筒香は95マイル以上のボールに強くなっています。

<パイレーツ入団から8/24までの95マイル以上の投球に対する成績>

投球数打席安打単打二塁打三塁打本塁打打率三振三振率
11531101.600120%

<パイレーツ入団から8/24までの95マイル以上の4シームに対する成績>

投球数打席安打単打二塁打三塁打本塁打打率三振三振率
7321001.66700%

 

打席数はまだまだ少ないですが、ここまで95マイル以上の投球に対して放った3安打は、どれも内容のいいものでした。

8月16日。95.8マイル(154キロ)のシンカーを二塁打

1点を追う9回1アウトに代打で登場。

外角高めのシンカーをレフト線にはじき返す二塁打。

打球速度は162キロ。

 8月21日。97.7マイル(157キロ)の4シームをヒット

この回(7回)に逆転して1点差リードとなり、前の打者が敬遠されて2アウト1塁2塁で迎えた打席。

真ん中低めのストレートを左中間へ運ぶタイムリーヒット。

1塁ランナーがホームでアウトになったため、記録はシングルヒット。実質ツーベース。

打球速度は162キロ。

 

8月23日。95.7マイル(154キロ)の4シームをホームラン

3点を追う7回ノーアウトで代打で登場。

内角高めをライトスタンドへホームラン。

このあとチームは同点に追いつき、逆転勝利につながる。

打球速度は168キロ。

 

どれも大事な場面で打っています。

インハイを引っ張り、アウトコース高めを流し、真ん中低めをセンター方向へ運んでいます。

筒香の持ち味でもある広角への打ち分けがしっかりできており、ほぼ完璧な内容でとても速球が苦手な打者の打席とは思えません。

8月22日の4打席4三振という結果には不安が残るものの、苦手の速球を克服したように見える筒香の、さらなる活躍が楽しみです。

 

※9月8日追記。その後もタイムリーヒットを放つなど、速球に対応できています。

<パイレーツ入団から9/6までの95マイル以上の投球に対する成績>

投球数打席安打単打二塁打三塁打本塁打打率三振三振率
441353101.455323%

 

>> パイレーツ筒香の打撃成績

>> 筒香のマイナーでの成績

>> 筒香が現地実況で「ツ、ツ、ツギョウ」と呼ばれる理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました