※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

エンゼルスのジェイク・ケイリッシュはオールドルーキーの期待がかかる左腕

ジェイク・ケイリッシュ スポーツ

ジェイク・ケイリッシュは2022年3月にエンゼルスとマイナー契約を結びました。

ケイリッシュは2022年7月9日で31歳になりましたが、まだメジャーに上がった経験はありません。

それでもエンゼルス傘下3Aでは、6月1日時点でリーグトップの6勝、リーグ唯一の1点台である防御率1.76(47イニング)を記録していました。

オールドルーキーとしてメジャー初昇格の期待がかかります。

※その後は打たれる試合もありましたが、前半戦終了時点で防御率は2.69と打高の3Aで健闘しています。

ジェイク・ケイリッシュ

引用元:MiLB.com

ケイリッシュの経歴。マイナーでの成績

生年月日 1991/7/9
身長 188cm
体重 95kg
投手 左投両打
ドラフト 2015年
32巡目(全体969位)

ケイリッシュの兄ライアン・ケイリッシュはレッドソックスとカブスでプレーした元メジャーリーガーです。

ケイリッシュも2015年のジョージ・メイソン大学5年目で、ロイヤルズから32巡目で指名され、プロ野球選手としてのキャリアをスタートさせました。

2015~2021(ロイヤルズ傘下)

※以下、K9=奪三振率、BB9=与四球率

<2015年ルーキーリーグでの成績>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
14 33.2 3 3 2.67 0.89 9.9 1.3 .202

<2016年1A、1A+での成績>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
23 47.2 3 0 2.45 0.92 9.1 2.1 .192

ケイリッシュは2015年~2016年はほぼ全ての試合でリリーフで登板し、防御率2.50前後にまとめています。

その結果、1A+まで順調に上がりました。

そして2017年開幕前には、イスラエル代表としてWBCに選出されました。(ケイリッシュはユダヤ系アメリカ人)

 

<2017年1A+、2A、3Aでの成績>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
31 105.2 2 8 3.24 1.34 7.5 2.4 .278

<2018年2A、3Aでの成績>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
33 127.2 8 8 3.88 1.26 8.7 1.5 .275

<2019年2A、3Aでの成績>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
27 127.2 8 8 4.86 1.28 7.2 1.8 .272

<2021年3Aでの成績>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
30 96 3 6 6.94 1.51 9.9 3.3 .286

2017年以降は先発、リリーフ両方をこなすようになりましたが、2Aと3Aが壁となってしまいました。

2019~2021年までは毎年ロイヤルズのキャンプに招待選手として参加し、先発ローテーションを争いましたが、メジャー昇格はならず2021年オフにマイナーFAとなりました。

2022年(エンゼルス傘下)

<2022年3Aでの成績(7月21日時点)>

登板 防御率 WHIP K9 BB9 被打率
15 70.1 8 2 2.69 1.21 8.3 2.2 .256

2022年3月にエンゼルスとマイナー契約を結び、リリーフで3試合投げた後、先発ローテーションとして3Aで好投を続けています。

特に5月4日から6月1日までは長いイニングで結果を残していました。

  • 5/4 6回1失点
  • 5/11 6.2回2失点
  • 5/18 7回無失点
  • 5/25 6回無失点
  • 6/1 6.2回2失点

6月1日の試合は6回2アウトまで無失点でしたが、チワワズの秋山に2点タイムリーヒットを浴び、降板しています。

>> 2022年の秋山翔吾のマイナー成績の推移。打率、OPS【3Aエルパソ・チワワズ】

ケイリッシュの選手としての特徴。球種

ケイリッシュは与四球率の低いピッチャーです。

ストライク率が66%前後と高く安定しています。

奪三振率もそれなりに高いですが、空振りを取れるような特別なボールがあるわけではないと言われています。

どちらかと言えば打たせてとるタイプのようですが、調子の悪い年はゴロ/フライ比率が低い一方、絶好調の2022年はゴロ/フライ比率が高いです。

ゴロを打たせられるかどうかが、ケイリッシュの調子のバロメーターとなるかもしれません。

 

球種については、よくコントロールされたスライダーが良いという話がありますが、その他はほとんど情報がありません。

何もないよりはマシかと思い、「The Show」というゲーム内での数値をのせておきます。

<球速>

  • ストレート:92マイル(148キロ)
  • スライダー:83マイル(134キロ)
  • チェンジアップ:80マイル(129キロ)
  • ツーシーム(シンカー):91マイル(147キロ)

まとめ

ケイリッシュは与四球率がとても低く、奪三振率もそこそこ高いので、指標上は悪くないです。

ただ、特別に良いボールがあるわけではないとのことなので、ストライクをぽんぽん取りに行くとメジャーレベルでは打ちこまれるかもしれません。

それでも3Aで防御率2点台は立派です。(7月21日時点)

私は何も知らないふりをしてエンゼルスの打者の3Aでの好成績を載せたりしますが、3Aはものすごい打高のリーグです。

7月21日時点でエンゼルス傘下の3Aのチーム防御率は4.83ですが、これがリーグ1位で唯一の4点台です。

そういう環境でのケイリッシュの防御率2点台は価値があるように思います。

 

ケイリッシュは左腕で先発もリリーフもでき、そして、プロスペクトでもない30歳を超えたピッチャーです。

言葉は悪いですが使い捨てしやすいので、今年どこかでメジャーデビューのチャンスがあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました