【IL】エンゼルスの故障者一覧。ケガの状態やいつ復帰予定かについて

ケガ情報スポーツ

エンゼルスの選手のケガの原因や状態、復帰までの経過、復帰予定はいつごろかについての情報を随時更新していきます。

一部ケガではない選手も含みます。

基本的に本記事に名前がないレギュラー選手がスタメンから外れている場合は、ケガではなく、休養日や左右の相性で外れているだけです。

※以下、日付は現地時間です。
※IL=負傷者リスト

ウォード(外野手)

5月20日の試合の守備でフェンスに激突し、途中交代となる。

ダフィー(内野手)IL入りせず→復帰済み

※復帰したのでこの項目は数日後に削除します。

5月17日の試合の守備でバッターランナーと衝突し、送球されたボールが顔に当たり、途中交代。目の下に擦りキズはあるがそれ以外は問題ないとのこと。

5月18日、代打で出場。

復帰時期:5月18日

スタッシ(捕手)10日間IL

5月10日に10日間の負傷者リスト入り。

ケガの発表はないため、コロナ関連と見られる。

5月21日に1Aの試合で復帰予定。マイナーでの調整は少なくとも2試合行う予定。

復帰時期:5月後半

フレッチャー(内野手)60日間IL

左股関節痛の再発により、5月8日に10日間の負傷者リスト入り。

5月10日、両内転筋を手術。数か月離脱予定だが、今季中の復帰を見込む。

5月17日、60日間の負傷者リスト入り。

復帰時期:シーズン後半

カート・スズキ(捕手)10日間IL

5月7日に10日間の負傷者リスト入り。

ケガの発表はないため、コロナ関連と見られる。

5月20日、練習を再開している。

復帰時期:5月後半

ウォーレン(中継ぎ)15日間IL

5月3日の試合前に打撃練習中の打球が当たり、鼻骨骨折。

15日間の負傷者リスト入り。

5月10日に手術予定で、おそらく2~3週間の離脱となる。

復帰時期:6月

アデル(外野手)ケガではなくマイナー降格

5月3日にマイナーに降格。ケガではない。

(マドン監督、ミナシアンGMの談話の要約)
「ウォード、マーシュ、トラウトが好調で、アデルのプレー時間が減っている。アデルは打撃、守備両面での安定性が課題で、もっとコンスタントなプレー時間が必要」

 

<アデルの守備。捕球確率90%の打球がヒットになる(記録は1ヒット1エラー)>

5月14日までにマイナーで28打数10安打、二塁打6、本塁打4、四球6、三振9。打率.357、OPS1.486。

スアレス(投手)ケガではなくマイナー降格→メジャー昇格

※メジャーに昇格したのでこの項目は数日後に削除します。

5月1日にマイナーに降格。ケガではない。

先発4試合で防御率6.35、一度も4回1/3以上を投げていない。

5月12日までに3Aで2試合に先発し、10回6失点、与四球5。

5月18日、メジャー昇格。先発ではなくリリーフとして起用されると見込まれる。

ブラッドリー(中継ぎ)10日間IL

4月30日に左わき腹の張りのため、10日間の負傷者リスト入り。

前日登板時に負傷。昨年も同様のケガをしている。

5月第2週からスローイングを再開。

5月16日、投球練習再開。

5月21日に1Aの試合で復帰予定。

復帰時期:6月初旬

キハダ(中継ぎ)10日間IL

4月8日に右斜角筋痛で10日間の負傷者リスト入り。

5月2日、スローイングを行っている。

5月第2週から投球練習を行う。

5月17日、実戦形式の打撃練習(ライブBP)で20球を投げる。メジャー復帰はマイナーでのリハビリ登板後になる予定。

5月21日に1Aの試合で復帰予定。

復帰時期:5月後半

キャニング(先発)60日間IL

2021年7月に腰背部疲労骨折で離脱。

そのケガとの関係は不明だが、2022年2月末ごろに背中を痛め、3月16日に60日間の負傷者リスト入り。

4月19日、ブルペンで直球20球の投球練習。

4月26日、ブルペンでで直球とチェンジアップ合わせて30球の投球練習。

5月9日、試合形式の練習で2イニング投球。このあと1Aで1試合、3Aで複数試合登板し、6月6日の復帰を目指す。

5月10日、予想よりも痛みが出た模様。復帰に遅れの可能性も。

5月13日、リハビリ計画は一時中止。

復帰時期:6月初旬を目指していたが遅れそう

クリスウェル(先発)60日間IL

右肩痛のため、4月8日に60日間の負傷者リスト入り。

復帰時期:6月

ロドリゲス(先発/中継ぎ)60日間IL

2021年に右肩を手術。2022年シーズンの大半を欠場する見込み。

3月14日、可動域も戻ってきて、スローイングも行っている。2022年中の復帰を目標としている。

3月16日に60日間の負傷者リスト入り。

3月29日、90フィート(約27メートル)の距離でスローイング。

復帰時期:シーズン後半

コメント

タイトルとURLをコピーしました