Googleスプレッドシートで縦軸が左右2軸の同じ種類のグラフを作成する方法

ネット

Googleスプレッドシートで、下図の左のグラフのように、縦軸が左右に分かれている同じ種類(折れ線)のグラフの作成方法を紹介します。

作成目標のグラフ

その作成過程で、右のグラフのように、縦軸が左右に分かれている異なる種類(折れ線と縦棒)のグラフが作成されるため、こちらを作りたい人も、このままご覧ください。

まずは普通にグラフを作成する

普通のグラフを作るときと同じように、グラフの範囲を選択します。

データ範囲を選択

 

「挿入」→「グラフ」を選択し、グラフを作ります。

グラフの挿入

 

赤と青の2本の棒グラフが並んだグラフが作成されます。と言っても、赤い方の棒グラフ(営業利益率)は、単位が「%」(=1以下の値)のため、値が小さすぎて見えません。

2本の棒グラフ

 

このグラフの右側に、単位が「%」である縦軸を追加し、さらに、棒グラフから折れ線グラフに変更することが今回の目標です。

グラフの種類を複合グラフに変更する

「グラフエディタ」の「設定」から「グラフの種類」を選択します。

グラフの種類の選択画面

 

「グラフの種類」を複合グラフに変更します。

複合グラフを選択

 

複合グラフに変更した時点で、見えていなかった赤いほうの棒グラフ(営業利益率)が、折れ線グラフに変わりました。

しかし、あいかわらず、値が小さいために折れ線グラフは見えません。

グラフの右に第2軸となる縦軸を設定する

「グラフエディタ」の「カスタマイズ」から「系列」を選択します。

系列の選択画面

 

「系列」を「すべての系列に適用」から「営業利益率」に変更します。

系列を変更

 

「系列」内の「軸」を選択します。(「左軸」となっています)

系列の軸の選択画面

 

「軸」を「右軸」に変更します。

軸を変更

 

これで、右側に「%」を単位とした第2軸が誕生しました。その結果、今まで値が小さすぎて見えていなかった赤い折れ線グラフ(営業利益率)が見えるようになりました。

両方のグラフを折れ線グラフに変更する

次に、青い棒グラフ(営業利益)を折れ線グラフに変更し、折れ線グラフが2つ並ぶようにしてみます。

「カスタマイズ」から「系列」を選択します。現在の「系列」は「営業利益率」となっています。

系列の選択画面

 

「系列」を「営業利益」に変更します。その下にある「種類」は「縦棒」になっています。

系列を変更

 

「種類」を「折れ線」に変更します。

種類を変更

 

これで、2つのグラフがともに折れ線グラフとなりました。

縦軸の範囲を変更する

縦軸の範囲は、いい感じに見えるように自動で設定してくれています。しかし、今回は右側の縦軸が「-5%」から始まるように、手動で変更してみます。

「グラフエディタ」の「カスタマイズ」を見ると、「縦軸」と「右の縦軸」があります。通常は「縦軸」だけですが、「右の縦軸」の項目が増えたのです。

縦軸と右側の縦軸の選択画面

 

「右の縦軸」から「最小値」の欄に「-0.05」を入力してあげると、グラフの範囲が「-5%」から表示されます。

右の縦軸の最小値を変更

 

左の縦軸を変更したい場合は、「縦軸」から同様に変更してあげればOKです。

まとめ

縦軸が左右に分かれているグラフの作成方法まとめです。

  1. グラフを作成
  2. 複合グラフに変更
  3. 第2軸を設定
  4. 系列ごとにグラフの種類や縦軸の範囲を変更

ちなみに、エクセルならばわざわざ複合グラフにしなくとも、「データ系列の書式設定」→「系列のオプション」→「第2軸」で右側に縦軸を追加できるので簡単です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました