【色白】日焼けせずに肌を黒くする方法【タンニングクリーム】

日焼け生活

色白はダサい

色白

色白のイメージと言えば、

  • ひ弱
  • 不健康そう
  • 男らしくない

など、色白は男性にとってはマイナスな印象が強いです。

色白で太っていると「白豚」、ガリガリだと「もやし」とバカにされ、「色白=ダサい」という認識があります。

色黒はカッコいい

色黒

一方、色黒のイメージは、

  • 健康的
  • スポーティ
  • 強そう
  • 男らしい

など、色黒はカッコいい男性の印象が強いです。

欧米でも小麦色の肌のほうがモテるため、夏になると積極的に日焼けを行います。

色白の人の日焼けは危険

日焼け

しかし、色白の人にとって日焼けは危険です。

 

色白だと皮膚がんになりやすい

紫外線は細胞のDNAを傷つけるため、皮膚がんになるリスクがあります。

特に色白の人は、紫外線から皮膚を守るメラニンが少ないため、皮膚がんが発生しやすい傾向があります。(参考:皮膚がんの概要)

 

色白だと日焼けはシミになりやすい

国際基準では、日焼け後の反応により、6つの皮膚タイプに分けられます。

  • タイプI:紫外線を浴びると常に火傷し、赤くなる。
  • タイプII:紫外線を浴びると簡単に火傷し、赤くなる。
  • タイプIII:紫外線を浴びると軽い火傷をし、ある程度赤くなる。
  • タイプIV:紫外線を浴びると僅かに火傷をし、多少赤くなる。
  • タイプV:元々肌の色は褐色で、紫外線を浴びても非常にたまに火傷する程度で、ほとんど赤くならない。
  • タイプVI:元々肌の色は暗褐色で、紫外線を浴びても火傷せず、赤くならない。

(参考:フィッツパトリックのスキンタイプ

タイプⅠ~Ⅲが色白の人です。

日焼けしても赤くなるだけで、黒くならないタイプです。

このタイプの人は、紫外線への感受性が高く、日焼けするとシミやそばかすになりやすいです。

色白の人が肌を黒くするには?

色白の人が日焼けをすると、皮膚がんになりやすかったり、シミができやすいことがわかりましたが、そもそも、色白の人は日焼けをしても黒くなりにくいです。

したがって、色白の人が肌を黒くするために日焼けをするのはおすすめできません。

 

タンニングクリームで色黒になれる

タンニングクリームとは、塗るだけで肌の色が黒くなるクリームです。

皮膚にダメージを与えずに色黒になれます。

日焼けの場合は、体質的に黒くなりやすい人と、赤くなるだけで終わる人がいます。

しかし、タンニングクリームならば色白の人もしっかり黒くなることができます。

 

実績のあるタンニングクリーム:ブロンズターナー

ブロンズターナーは楽天でもUVケアランキングで常に上位に入っている、タンニングクリームです。

こちらは道端カレンさんがブロンズターナーを使用した動画です。

【セルフタンニング】#日焼け肌 #小麦肌 #やってみました

 

ブロンズターナーbefore&after

塗る前はかなりの色白でしたが、たった2回塗っただけで見事に小麦色に変わっています。

色ムラもなく、きれいに黒くなっていますね。

ブロンズターナーを塗ると12時間後に小麦肌に変わり、1週間後に元の色に戻ります。

クリームですが、シャワーを浴びても元の色に戻る心配はありません。

色白で悩んでいる人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

ブロンズターナー公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました