【賞与明細を公開】ボーナス100万円の手取りはいくらになるのか?

賞与明細仕事
賞与明細

2019年度の大手企業の夏のボーナスが平均97万円というニュースがありました。

大手企業の夏のボーナスは平均97万1777円 (livedoor NEWS)

約100万円ですね。

100万円もボーナスがあるなんてうらやましいと思うかもしれませんが、ボーナスは支給額がそのままもらえるわけではありません。

税金やら何やらで、いろいろ引かれます。

特に100万円ともなれば引かれる金額も大きそうです。

結局、手取りはいくらになるのでしょうか?

実は、私のボーナスの総支給額が99万円だったので、その賞与明細を公開します。

賞与明細

賞与明細

賞与明細

総支給99万2050円に対し、手取りが65万1343円となっています。

「手取り少ない!」と思ったかもしれませんが、私は会社の持株会に入っていたため、一般的な会社員よりも多くの金額が引かれています。

持株会に入ると、自分の会社の株式を購入するために、給料から決まった金額が天引きされます。もちろん、購入した株式は自分の資産となります。

株式を購入する時には、会社から一定の金額の補助金が支給されるので(=持株奨励金)、持株会は福利厚生のひとつです。

私の場合は、毎月の給料では毎月5万円、ボーナスの時は15万円が引かれる一方、持株奨励金としてその12%が会社から支給されていました。

ボーナス100万円の手取りは80万円

持株会を除いて考えると、

総支給:97万4050円

手取り:80万1343円

となります。

引かれているのは、

社会保険料:13万7821円(健康保険、厚生年金、雇用保険)

所得税:3万4886円

合計17万2707円です。

私の感想としては、思ったより引かれていないという印象です。

毎月の給料では総額が約30万円で、手取りが約20万円でした。

総額が100万円だと手取りも60万~70万円ぐらいになると思っていました。

ボーナスからは住民税が引かれないのですね。

まぁ、私は既に退職してしまったので、今後はボーナスとは縁のない人生を送ることになるのですが・・・

ということで、ボーナス100万円だと手取りは80万円ぐらいになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました