札幌でどんなときもWiFiを使ってみた。WiMAXや格安SIMと速度を比較

ネット

どんなときもWiFiは通信障害が頻発する上に、その対応もまともな企業とは思えないほどお粗末です。全くおすすめできないので注意してください。

どんなときもWiFiの無制限プラン終了。クラウドSIMはやめたほうがいい理由
どんなときもWiFiの無制限プランが、2020年10月で終了することになりました。 理由は、無制限にすると一部のユーザーが想定以上に容量を使ってしまい、どんなときもWiFi側が提供できる容量が不足してしまうためです。 この理由を...

以下は、まだそのことに気づいていなかったころの記事です。

——————————————————

家で使い放題できるネット回線として「どんなときもWiFi」を選択することに決めました。

動画をたくさん見る人におすすめのインターネット回線は?

2019年7月9日に申し込みをおこない、機器が届いたのは7月18日でした。

大人気で出荷が遅れているとは聞いていましたが、申し込みから9日もかかるとは予想外でした。

ただ、申し込みをした翌日の7月10日に、「お届け予定日」が7月18日になるというメールをもらっており、そこからの遅れはありませんでした。

どんなときもWiFiが届くまでの間、ネット難民となってしまうのが嫌だったので、UQ WiMAXが行っている「TRY WiMAX」という15日間の無料お試しサービスを利用しました。

せっかくなので、「どんなときもWiFi」、「WiMAX」、そしてスマホで使用している「楽天モバイルSIM」の速度を比較してみました。

通信速度の目安

はじめに簡単に通信速度の目安を紹介します。

GoogleがYouTube向けのガイドラインとして提示しているものを引用します。

経験的には、パソコンなら720p(=2.5 Mbps)、スマホなら480p(=1.1 Mbps)以上ないと、画質が悪く感じます。

私はパソコンでDAZN(スポーツ中継)を見るので、最低でも2.5 Mbps以上の回線速度が必要になります。

回線速度比較

通常時として平日の16時半ごろの速度と、回線混雑時として平日の19時半ごろの速度を、こちらのサイト(https://fast.com/ja/)で確認しました。札幌の室内での測定です。

どんなときもWiFi

まずは通常時(16時半ごろ)の速度です。

続いて混雑時(19時半ごろ)の速度です。

高速です。まさかの混雑時の方が速いという結果となりました。

通常時、混雑時ともに高画質の動画を見るのに全く問題ない速度です。

WiMAX

TRY WiMAXではホームルータータイプのL01を借りました。ファーウェイ製です。

届いて1日目に3時間ぐらいDAZNを見ていたら、翌日には制限がかかっていましたw

この制限は3日で10GB以上使うとかかるものですが、制限される時間は18時~翌日2時ごろまでの混雑時間帯のみです。

まずは通常時(16時半ごろ)の速度です。

WiMAXは室内に弱いと聞きますが、ホームルータータイプを使用していることもあってか、高速です。

続いて混雑時(19時半ごろ)の速度です。

3日で10GBの制限にかかっているので、1Mbpsを切る速度しか出ません。

動画の視聴は難しく、また、単にネットサーフィンするのにも少し遅く感じ、ストレスがたまります。

楽天モバイル

最後は「遅い」と言われる格安SIMの速度です。

まずは通常時(16時半ごろ)の速度です。

意外にも、スマホでなら動画を見るのに十分な速度が出ていました。

続いて混雑時(19時半ごろ)の速度です。

少し速度が落ちました。それでも思っていたよりは速いです。

札幌での測定なので、東京と比べると、それほど混雑しないのかもしれません。

まとめ。札幌なら「どんなときもWiFi」はどの時間でも速い

結果は表のようになりました。

どんなときもWiFiWiMAX楽天モバイル
通常時14 Mbps43 Mbps2.3 Mbps
混雑時47 Mbps0.9 Mbps1.3 Mbps

高画質で動画を見る場合、WiMAXだとどうしても3日で10GBの制限にひっかかりますし、制限時の速度では動画の視聴は難しいです。

一方、どんなときもWiFiは常に安定して高速でした。動画の視聴も全く問題ありません。

札幌ならまさに「どんなときも」使えるネット回線だということがわかりました。

個人的には速度・料金ともに満足できる、おすすめの回線です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました