大谷登板時にウォルシュがホームランを打ちまくる件【エンゼルス】

大谷とウォルシュスポーツ

以前、大谷は登板時に打線からの援護が少ないという記事を書きました。(【2021】投手・大谷翔平への援護が少ない。援護率はア・リーグ下位

2022年シーズンは5月19日時点で大谷の9イニングあたりの援護率は5.6点なので、打低のシーズンの中でリーグでも上位の援護率となっています。

エンゼルス打線で特に大谷を援護しているのがウォルシュです。

ウォルシュは援護がなかった2021年も援護がある2022年も、大谷が登板する日によく打っています。

大谷とウォルシュ

大谷が登板した日のウォルシュの打撃成績サマリー

以下、大谷が登板した日のウォルシュの打撃成績には、大谷が降板した後のものも含みます。

2021年

試合打数安打打率打点OPS出塁率長打率
238426.310721.958.363.595

2022年(5月19日時点)

試合打数安打打率打点OPS出塁率長打率
7286.21438.826.290.536

通算(2021年+2022年5月19日時点)

試合打数安打打率打点OPS出塁率長打率
3011232.2861029.925.344.580

2021年から2022年5月19日まででウォルシュは37本のホームランを打っていますが、そのうち10本は大谷が登板した試合です。

これは1シーズンで600打席立つとすると49本塁打になるペースです。

大谷が登板する日のウォルシュはホームラン王なみになります。

大谷が登板した日のウォルシュの打撃成績詳細

2021年

日付打数安打打点四球三振打率OPS
4/4422411.5002.600
4/20410001.3751.569
4/26530200.4621.500
5/5310111.4381.375
5/11300001.3681.165
5/19411102.3481.183
5/28400002.2961.011
6/4410003.290.946
6/11400013.257.859
6/17400001.231.773
日付打数安打打点四球三振打率OPS
6/23520110.250.813
6/30522500.265.933
7/6410002.264.901
7/19400000.246.839
7/26320100.267.863
8/4320100.286.884
8/12420201.299.890
8/18000000.299.890
8/25211120.304.954
9/3420101.315.956
日付打数安打打点四球三振打率OPS
9/10321110.3291.030
9/19410000.3251.004
9/26400002.310.958

2022年(5月19日時点)

日付打数安打打点四球三振打率OPS
4/7300001.000.000
4/14410010.143.393
4/20400013.091.322
4/27510101.125.347
5/5421400.200.623
5/11400002.167.522
5/18422310.214.826

 

2021年のヤンキース戦では大谷が初回7失点で1回持たずに降板したものの、ウォルシュが満塁弾を含む2本のホームランを打って逆転勝利し、大谷の負けを消してくれたこともありました。

大谷と同じく二刀流でもあったウォルシュの、投手大谷への力強い援護を今後も期待していきたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました