猛暑を乗り切りたい貧乏人はパックの麦茶を飲め!1日1円以下のコスト

生活

年々、夏が暑くなっているような気がしますが、私の住む札幌でも観測史上初めて3日続けての熱帯夜を記録しました。

これだけ暑いと熱中症に注意が必要ですが、水分補給に何を飲んでいますか?

貧乏人のくせにまだスポーツドリンク飲んでるの?

身体に速く吸収されるのはスポーツドリンクです。

しかし、貧乏人が毎日スポーツドリンクを購入するのはきついです。

1日1本500mlのスポーツドリンクを買えば、150円×30日=4,500円です。

月に4,500円ですらケチりたくなるの貧乏人なのです。

水道水では熱中症は防げない

水道水ならタダで水分補給ができると思うかもしれません。

しかし、熱中症を防ぐには水分だけでなく塩分も必要になります。

それなら塩水を飲めばいいかというと、まずいのでオススメできません。

ミネラル入り麦茶が安くてオススメ

オススメしたいのは麦茶です。

麦茶の効果には以下のようなものがあります。

  • ミネラルが入っている
  • 体温を下げる効果がある
  • 血液をサラサラにする
  • カフェインが入っていないので睡眠を妨げない

脱水症・熱中症・熱射病を予防するには

しかし、オススメする理由は効果よりもその値段です。

ペットボトルで買うと150円してしまいますが、ティーバッグで買えばAmazonで54袋入りが158円です。(2019年8月1日現在)

1袋で1リットルを作ることを推奨されていますが、経験的に1袋で2リットル作れます。

1日500ml飲むとすれば1袋で4日分持ちます。

54袋入りだと216日分になります。

これが158円なので、1日1円以下です。無料みたいなもんです。

 

ついでなので麦茶ボトルについてもオススメを紹介します。

ポイントはシンプルで洗いやすいことです。

イオンなどに行くとオシャレな麦茶ボトルが売られていますが、フタが複雑になっていて洗いにくいです。

カビが発生しやすいので、フタや注ぎ口がシンプルになっているものを選びましょう。

まとめ

パックの麦茶は水分補給に適していて1日1円以下で飲める。

貧乏人は夏場だけでなく、1年を通して麦茶を飲むことをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました